「アナタとは一緒に住めない!!」 摂津市での不用品片付け その2

スポンサーリンク

 

室内に詰め込まれた、想像を凌駕するゴミの量

いや~とにかくモノが凄まじい量でした。

ゴミ袋にしてどうでしょう・・・70~80程度にはなったかと・・・。

そうこうしている内にようやく床がっ(涙)!!

 

 

梅雨空の下、額に汗しつつ黙々と作業を進めていると、何故かカンカン照り。

蒸し暑さまで加わって、スタッフ一同相当消耗してしまいました。

 

洗面所にはばっちりとモザイクを入れておりますが、玄関~廊下まで片付けていく中で、未開封・新品の商品(おそらく使おうと購入したモノ)だけを集めておきました。

洗剤やら入浴剤、タオル等々・・場所的にもココにぴったりのモノ達です。

 

 

そして地獄のキッチン。

ヘドロ状になってしまった食べかす・飲みかすをドンドン排出していきます。

悪臭が少しずつマシになっていくのが感じられます。

玄関、窓などを全開にして、どうしようもなく滞ってしまった室内の空気を退治!!

総入れ替えなのです。

 

 

あれだけ積みあがって、ゴミと不用品で埋め尽くされたリビングもこの通り!!

生活空間として蘇りました(でも衛生的には別途クリーニングした方がベターですよ)。

最も手こずらされたのがこのリビングと次のベッドルーム。

その理由は見た目以上の量。

例えば家具と家具の間、壁のとのすき間など、ちょっとしたスペースを見つけると、ご相談者は

「ここにまだ詰め込むスペースが・・!!」

と反射的に感じるのか、ギュギュッと詰め込んでしまわれる癖をお持ちの様です。

その小さな積み重ねの結果、

尋常ではない圧縮率

が生まれるのです。

 

 

 

いつものペースならもうゴールが見えてもおかしくないはずなのに、まだまだゴミの山が減らない・・。

地獄の圧縮率を前に精神的ダメージを受けつつ、スタッフ総出で挑んだ結果、全室の床の顔が・・。

画像には入っていませんが、捨てないモノリストに含まれるモノ達の整理や、クリーニング、整頓等々・・まだまだこれからやるべき事は沢山。

これからドンドン暑くなります。

タイミング的には良かったんじゃないでしょうか?

お姉さまからのお許しが出る事を願っております。

スポンサードリンク

コメントを残す