引越しと汚部屋 ~時間との戦い その2~ 兵庫県尼崎市での不要品処分

依頼主ご不在での不用品回収&片付け作業はこんな感じ

まずはひたすら足場を作る為、ご依頼の「取り置きリスト」から外れた

“確実なゴミ&不要物”

不在時の片付け作業に、取り置きリストは命綱
不在時の片付け作業に、取り置きリストは命綱

 

を部屋から排除していき作業用の空間を作っていきます。


分別&袋詰め作業に割けるエリアがどこにも無い為、作業を進めていく行程の中で
”掘った穴を再び埋める”
ような作業がどうしても必要になる事があり、困難を極めました。
こういった動きは、精神的にもなかなかダメージの小さくない作業です。
ましてやここに住まわれていたご本人にとって、毎日の生活を想像すると・・・、決して簡単なモノではない事が想像頂けるでしょう?
 
やっつけてもなかなか減らないゴミと不用品
やっつけてもなかなか減らないゴミと不用品
 

メインはあくまでもモノの片付けという事になりますが、片付いたその後には、汚れた箇所のクリーニングが・・。

パイプ詰まりが原因の汚れ
パイプ詰まり? 汚水が流れた結果?

 

キッチン&リビングとは別のエリアにある

洗面所にも真っ黒な汚れが付着
洗面所にも真っ黒な汚れが付着

 

洗濯&バススペースの床や、洗面器のガンコな汚れに、

このままでは退去出来ない汚れもクリーニング
このままでは退去出来ないからクリーニング

 

キッチン回りも相当な汚れ方なので、

ゴミを撤去した後のキッチン
ゴミを撤去した後のキッチン

 

バラして洗浄しないとですね。

コンロ、五徳のコテコテ汚れがヒドイ
コンロ、五徳のコテコテ汚れがヒドイ

 

でもまずは作業スペースの確保の為、見た目にも表に出して良いモノにこの部屋から出ていってもらいました。

なんと書籍関連の不用品だけで1トン近くのボリュームになりました。(写真はほんの一部です)

とにかく不要品を排出し、作業スペース確保が重要
とにかく不要品を排出し、作業スペース確保が重要

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。