夜逃げ屋ではない?・・ゴミ屋敷生活強制リセット in 茨木市 その1

スポンサーリンク

 

引越しで逃げる様に・・・ 部屋に残されたにのは大量のモノ、モノ、モノ

ここは茨木市某所のとあるマンション。

和室を含む4部屋、広いリビング、ウォークインクローゼット、キッチン、バス、トイレ、おまけにロフトまで付いた贅沢な造り。

本来なら「これでもかっ!!」という程、ゆったりとしたスペースなのでしょう。

 

そんな中、不用品などが溢れてどうしようもないという事で、整理しにお邪魔致しました。

予想をはるかに超えるあまりの量に、スタッフ共々撮影する余裕が不十分となってしまった為、少々わかりにくい記事になるかも知れませんがお付き合いを。。

 

まずは一つ目の部屋の状態です。

お気づきかも知れませんが、ご相談者さまはすでに引越しを完了なさっております。

その引越し作業自体も2日間にわたるものという事なので、相当大変だったのでしょう。

こちらにはその残骸となる段ボールが集められており、机や棚、ゴミ袋の山が無造作に散らかっています。

ちなみに画像にはありませんが、クローゼット内には衣類の山、窓の外のベランダには、雨ざらしになった家具や雑誌の山が散乱中。。

 

 

場面が変わり、寝室。

酷いニオイが充満しています。

犬? 猫? の毛がそこら中に付着していて、恐らく一緒に寝ておられたのでしょう。

雑誌、衣類、雑貨等々が中心のお部屋。

 

続いてキッチン。

料理なんてとても出来る空間ではなく、まさに物置き状態です。

これでは外食に頼るしか選択肢はありませんね。。。

 

 

ウォークインクローゼット、和室、ロフト他、水回りの画像は撮影する余裕がございませんでしたのでご容赦ください。

 

最後のシメは広々としたリビング・・・。

とはいえモノで溢れております。

右手にはゴミ袋の山、これだけで2トントラックが軽く埋まる程のボリュームがあるでしょうか・・・。

 

左手はエクササイズ機器が複数台、鏡台、その他たくさんの家電、雑貨が溢れています。

 

弊社へお問い合わせされるケースの多くは、

引越し前

です。

 

理由は「こんな状況では、とてもじゃないけど引越しなんて出来ないから・・」というもの。

 

もう一つのケース

引越し後

に関しては、「引越しはしたものの、いつまでも段ボールを開けられず整理が進まない」 「最初の配置、片付け方を一緒に考えながらヘルプして欲しい」

という内容です。

 

それらと比較すると、今回は初めてのケースとなります。

引越し後でこの状態なのですから、それ以前の暮らしは一体どんな状況だったのでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す