なぜ私は部屋を片付けられないのか・・ その2 枚方市での部屋片付け

スポンサーリンク

 

今回のご依頼については、実は通常同ボリュームの案件と比較して、約2倍の日数・労力をかけております。

2トントラック単位で、およそ4杯分。

全体量として多い事にかわりないものの、予め必要なモノが確立できていれば問題なく一定のペースで確実に進めていく事が可能です。

しかしながら、要・不要に関してはご相談者さまご自身のみが知るところ。

弊社はその分別・選別については、さまざまな角度からアプローチ致しますが、

あくまでもコーチングやサポートなどの主体で、最終的な要る/要らないを決定するのはご相談者さまご自身です。

 

ご本人曰く、ご主人が他界されてからというもの、片付けられない状態が続き、より一層の状況を招いてしまったとの事。

実際、後天的に片付けられない方は、SD(Situational Disorganization)と呼ばれ、

人生における何かのイベント(引越し、転職、親しい方の死等々)を機に、片付けられない状況に陥ってしまう事が多く見られますが、

その典型的なのがこのケースです。

 

作業が進むにつれ、ご自身も「なんでこんなに捨てる事ができないんだろう・・・」、「なぜこんなに執着してしまうのだろう・・・」と深く悩まれておりました。

 

komatta1

弊社のこれまでのご依頼の中でも、最も「捨てられない」ご相談者さんです。

この問題については、今までもそして今現在進行形のいくつかのケースにも当てはめる事ができます。

いわゆる「典型的なホーダー」といわれる症状と共通したポイントが浮かび上がってきます。

この「ホーダー」については、後の機会、本ブログ上で特集でも組ませていただこうと考えております。

 

ご本人はそこまで自覚が強くないのですが、モノに対し非常に強烈な執着があり、他人にとってはなんでもないモノ(例えば化粧水などを、携帯用に入れて持ち運ぶ空のスプレーボトル等)、どこででも簡単に入手できそうな安価で気にもとめない様なモノでも、彼女にとっては容易に手放せるモノではないのです。

万事がこんな感じで進む訳ですから、通常のご依頼案件の何倍もの時間や労力を必要と致します。

 

それでも処分した総量はトラック4台分に相当しますが、残り1/2台程度についてはどうしても今すぐに決める事はできない為、

ご自分のペースで進めていきたいとの事でした。

 

根気良く、かつ着実に進めていかれる事を祈っております。

 

 

 

上記の問題が作業を阻む為、何度か掘った穴を埋め戻すというようなオペレーションを余儀なくされました。

これにはクライアントさまご自身、弊社のスタッフ双方のメンタル的に相当な負担となった事でしょう。

部屋を片付けると一口に言っても、人の数だけ複雑な問題があり、決してシンプルなものではありません。

 

今後は残るご自身で進める事を決められた「必要なモノ」と向き合い、彼女ご自身がその障害を乗り越えるべく、頑張って進めていかれるステージへと移行していきます。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。