部屋に入れるように片付けたい 不要品の廃棄とお掃除 in 鶴見区

「トイレタンク内の故障で、レバー水が流せなくなりまして・・・」

「・・?」

「修理業者の方に来て頂くのですが、部屋が散らかりすぎて今の状況では通せないので、取り合えずトイレまでの導線を確保したいんです」

 

しばしメールでのやり取りの上、鶴見区某所のマンション一室にて、現地での作業となりました。

目的のトイレの場所は、玄関を上がってすぐ左手。

・・・なのですが、モノが多すぎてその先を阻まれています。

「とにかくヒドイ状況で申し訳ないです」

と仰るご相談者さまと一緒に、仕訳け作業を進めていきます。

靴・衣類・本類・雑貨類ありとあらゆるモノが絡み合い、積み重なっている為、作業は困難を極めます。

 

そして最も大きな問題には、 ”手放さないモノ” にありました。

 

スタート当初のご相談者さまの感覚では約半分のモノくらいは処分出来るでしょうとの予想を大きく覆し、実際に不用品として処分出来たボリュームは1割2割程度でした。

 

ともかく今回の主旨であるトイレまでの導線確保を最優先する事として、今後も不定期ながら少しずつご依頼され、進めていきたいご希望をお持ちでしたので、本日ここまでの作業成果が埋もれてしまわぬ様、一時的整理を進め完了となりました。

 

本ブログでも何度もお伝えしているかと思いますが、主人>モノが従者の関係が崩れ、モノ>主人の状況に陥り、立場が逆転する事こそが汚部屋化に傾く最も大きな要因です。

単独での改善はなかなか困難なのが実情。

非常に根深く、意思と根気をもって望まねばならない問題です。

 

トリプルエスへ

お問い合わせ

をする

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。