長い間片付かない汚部屋化した家の不用品処分 in 寝屋川市 その1

スポンサーリンク

 

そのエリア寝屋川市某所より、「1人では埒が開かない、思い切って長年散らかっている家をキレイにしたい・・」との事でご依頼に至りました。

実は今回で2回目の作業となるのですが(前回は子供部屋:写真は割愛)、お宅の中でも最も不用品が多い難所である和室がメインの対象となります。

ご覧の通り、高いところでは膝丈までこんもりと積み上がっておりますね。

一見してゴミと分かるモノがある一方、ご家族の誰かのモノ、10年程前のモノなどタイムカプセル化した空間です。

時間軸が完全にこじれてしまっています。

和室中央B

両開きのふすま(写真より手前)はモノが多すぎ、つっかえてしまっており全開にする事が出来ません。

そもそも共同のエリアである為、家族の誰がというよりも、全員の関心や意識が緩かった結果(というか積み重ね)なのでしょう。

 

和室左B

必要なモノ、不要なモノが複雑に混ざってしまっていますので、大きなモノから着手していきます。

キレイにするからには、ご家族みなさんの今後の生活、モノの取り扱いについて改めて頂かなければいけない点などについてお話しつつ、作業作業。

 

和室右B

平均すると脛くらいの高さには積もっているでしょうか?

生活家電、雑貨、学校のプリント用紙、文房具、衣類、書籍、おもちゃ、等々・・・、領域なんていうものが存在しない世界。

 

洗面B

一方、洗面所へ移ると、床には洗剤、スプレー類、石けん、その他・・足の踏み場がない程、モノが溢れかえっています。

一旦モノの居場所を設定してやる必要がありますね。

コレを何とか片付けて、キレイな空間を取り戻して参りましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。