ワンルーム女子の憂鬱 東大阪市での不用品片付け

「わたしの部屋が汚部屋化して、途方に暮れてます・・。」

とメールにてご相談を頂きました。

何とかキレイにしたいという事で、メールにはお部屋の状況がわかる画像を何点も添付頂き(いま公開しているものは一部となります)、詳しく把握する事が出来ました。

 

 

誰にも相談出来ない、部屋の片づけと要らないモノの処分

独り暮らしの女性から頂く、部屋の片づけ&不用品の処分についてのお悩みは根深く、ご相談件数も増加傾向。

なにより

  • 部屋を他人に見られるのが恥ずかしい
  • 誰に相談すればいいのかわからない

という理由でためらっていた方々が多い事も、弊社でのご依頼を通して分かる、最も多い理由となっています。

 

ご覧の通り玄関口から、何十足もの靴と、多くの紙袋に詰められたモノが散乱しています。

身動きが取りにくく、生活を楽しめる環境からは遠いところに離れてしまっています。

 

モノをかいくぐりながら中へ進むと、散乱するモノはさらに細かくそして広範囲に渡っている為、かなりの苦戦を強いられる見込み。

 

洋服もつるしきれない程ある為、クローゼットに収まらずお困りのご様子。

 

ただ救いはご相談者さまご自身が、要・不要の選択が素早くできる(覚悟がある)事と、そのまま不用品を処分できる為、うまく進めるとドンドン部屋の中のモノのボリュームを減らす事が可能です

 

そしてここから6時間もの間、彼女は懸命に取り組まれました。

処分したモノのボリュームはごみ袋に換算して、およそ30袋 Yes!

疲れを感じながらも、確実にキレイになっていく部屋に、感動してらっしゃいました。

 

 

さすがに片付けた後ですから、部屋の全体画像は割愛させて頂き、カーペット周りのみとさせて頂きます。

こちらだとわかりやすいですね。

 

画像にはございませんが、玄関からベッド、クローゼットの中身まで全てキレイに片付きました。

これも一重にクライアント様の本気度の高さと、ご協力があればこそ。

今回は画像の一部公開について、気持ちよくご協力頂きありがとうございました。

 

トリプルエスへ

お問い合わせ

をする

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。