マジメな人ほど陥りがちな ”片付けの罠”  と ”独りの限界”

スポンサーリンク

 

「昔から片付けが苦手で、今もどうしていいのか分からず、勇気を出してご相談致しました」

と仰るのは寝屋川市某所のご相談者さま。

以前住んでいた家から、実家へ戻られたそうですが、荷物もそっくりそのまま移って来た為、足の踏み場もない状況です。

 

ただ埃やゴミといった類のモノは見当たらず、ゴミ屋敷ならぬ純粋なモノ屋敷(部屋)といったところでしょうか?

 

 

約1時間の間ゆっくりとこれまでのいきさつや、今後改善したい点、イメージなどについて伺い、最初に着手すべきポイントを探ります。

ご相談者さまの特徴として、弊社がこれまででお会いしたどの方よりも ”キッチリ整頓したい” という思いの強い人物です。

しかし一旦片付けを始めようとすると、非常に細かいルールを作り、それに倣おうとされる為、当然作業効率は低くなり片付けが思うように進まないのです。

例えて言うならこの中から色鉛筆を見つけて、それぞれの色鉛筆の長さや色順に並べ直すという感じが近いと思います。

 

正直現状下でのその作業法は、もっと大きな問題を一足飛び(あるいは二足、三足飛び)にしてしまい、結果クライアント自身がゴールに辿り着けずに消耗してしまうパターンなのです。

テーマはざっくりと処分してしまうとか、僕がチャキチャキと決断を下し進める事ではなく、如何に現状を改善し、ご相談者さま自身が無理なく維持(または更なる改善)をしていける環境へと近付けていくかという事。

モノだけの整理ではなく、クライアント様の抱える所有物 ”モノ” の対する考え方やタイプに合った配置および整理法を知り、実行する事です。

長年かけてついてしまった悪習は、一朝一夕に変える魔法なんて存在しません。

 

6時間のコンサルの間、ご相談者さまは非常に真剣に、興味深く、私の話に耳を傾けていらっしゃいました。

そして少しずつではありますが、道筋が見えてきたと仰いました。

 

とにかく捨てる様なモノが非常に少ない為、とはいえ何をどれだけ所有しているのか、クライアント様ご自身が把握されていない為、目的や種類別に場所を与えて分別を進める事に。

グループ分けされた山、また姿を現したはじめた床を見て、テンションも上がってこられた模様。

 

でも要・不要を進める次のステップは、誰しも非常に疲労を感じる作業です。

例にもれずご相談者さまにも、疲れの色が濃く出始め、合間合間に小休止を挟みつつ進行致しました。

決して焦る必要はございません。

ただ新たにモノを購入したり、増やす行動を慎み、ひとつひとつご自身のペースで根気強くお取り組みくださいませ。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。