祖父の実家の遺品整理その1 茨木市での部屋片付け

今回は茨木市某所、おじい様がかつて住まわれていた家の整理をしなくちゃ・・という訳で、10年以上も経過したお宅へとお邪魔致しました。

 

誰も住まずに長期間放置されていたお宅は、水道も電気の供給もストップされていて、全体が薄暗く空気が滞っております。

いかにもおじいちゃん、おばあちゃんの住んでいた家という佇まいが残っていて、ここだけ時間が止まっている錯覚を起こしてしまいそう・・・。

ご相談者さまは孫にあたるお若いご夫婦。

 

高齢の方に高い確率で共通する点として、モノを大切にされます。

モノの少なかった時代。 ”もったいない精神” ですね。

でも、それが非常に強すぎる傾向が見られます。

田舎の大きな日本家屋のお宅には、特にその問題が顕著に出ています。

今後更なる高齢化が進み、子供・孫世代が都会へ出ていった後の処理などは、確実に大きなテーマとなりますね。

モノは使ってくれる人がいて初めてその役割を果たし、価値を発揮するワケですから。

それが 

”いつか使うかも・・” 

”手放すには惜しい・・” 

などの理由で、少しずつでも着実に積もり積もっていくんです。

 

時の経過と共に ”塵も積もれば山となる” の環境が出来あがってしまいます。

 

そういう状態が部屋のあちこちに見られます。

晩年は一人暮らしだったそうですが、独居には十分すぎるスペースに、とてつもない量のモノが所せましと保管されておりました。

例えば足腰が弱くなります。

近所にコンビニなどがあればまだ良いですが、お店が無い場合は備蓄してしまう事になりますね。

仮に整理したいと思っても、その時、奥の方に収められた、使わずかつ不要なモノの処分なんて余計な体力は残っていないのではないでしょうか?

 

本当は自分がそんな状態に陥ってしまうまでに、いわゆる ”終活(しゅうかつ)” などを進めていくことで、シンプルで住みやすい生活環境へ改善する事は良い考え。

何でも一気に進めるとそこに必ず綻びやしわ寄せ、何らかの負担がいきますから、日々の生活に ”整理” ”見直し” の習慣を組み込んでいく事が一番いいんです。

言うのは簡単ですが、一人で始めるのは難しいですよね・・。

でもこちらのおじいさんが生活なさっていた頃、そんな言葉や考え方は存在しませんでしたからね・・。

 

 

いわゆるゴミ屋敷の床が見えない程・・・という訳ではないのですが、備え付けの収納やタンスはびっしり埋め尽くされています。

 

モノが多い、間口が狭い、昔の仕様で天井もぶつけてしまいそうなくらい低い・・とミッション的には中々のハードルですが、進めていきましょう!

 

トリプルエスへ

お問い合わせ

をする

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。