脱・ごみ屋敷! 師走の足音に・・ 年末大掃除その2

前回、師走に忙しくなる理由についてお話しましたが、弊社にご相談される件数が最も高くなるシーズンの一つが年末です。

正確には11月下旬~12月にかけてとなるのですが、一般家庭の例も挙げたように、大量の不用品やモノに囲まれたごみ屋敷に住まわれるご本人にとっては、「なんとか今年中にスッキリキレイな部屋にして、気持ちよく新年を迎えたいぃぃー!」という心理が働くのでしょう。

a0003_001568

 

これまでの案件を振り返ってみても、

「使わなくなったモノを処分し、身軽な生活をしたい」という方から、

「ここ何年もごみ屋敷の生活が続いている」

「新しい生活を始めたくて、片付けるんですが、やりかけては諦めて、やりかけては諦めて…」

「ひとつの部屋が物置きのようにしてしまったまま、手がつけられない」

「週に2~3日程度、寝る為に帰るといった生活で・・・」

「引っ越してきてダンボールが未開封のままの状態で生活し、荷物が溢れそう・・」

という深刻な内容まで。

一様に

「締めきったカーテンを気兼ねなく全開に生活したい」

「友達や恋人を気軽に招く事の出来る片付いた部屋にしたい」

と一年の区切りにあわせて、これまでの生活スタイルとの決別、そう一大決心なのです。

ごみや不要物で散らかった部屋がスッキリすることで得られる効果は絶大です。 

その最たるものが、“思考の整理”です。 

 

ごみの山で塞がれていた視界が広がる事で精神的な落ち着きを取戻し、平常心を持ってひとつひとつの物事に取り組めるようになったと仰るご相談者様が多いのは、その効果を身をもって体感されているからでしょう。

トリプルエスへ

お問い合わせ

をする

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。