猫に荒らされた部屋:引っ越し前の片付けを業者に頼んだら その2

スポンサーリンク

 

さてさて、片付けと水回りのクリーニングをしていきますが、まずは大量のゴミを含む不用品を根気よく排出していきます。

実際にはこの廊下だけでなく、奥の居室やトイレも同様に散乱してましたので、最終的には相当な量になってしまいました。

習性として隙間に潜って行くことや、ガリガリやっちゃうのは仕方ないんですね。

猫ちゃんが部屋の散乱しているあちこちにフン・尿をしている為、室内には鼻をつく強烈なアンモニア臭が立ち込めておりましたが、

片付けが進み、部屋の景色がクリアーになるに従って、ニオイもだいぶ薄れてきました。

猫を飼っている方、この点非常に大事ですよ。

100歩譲って片付けられないのは致し方ないとしても、猫は賢い動物なのでトイレを躾するとキチンと覚えます。

そしてトイレだけでも清潔を保つ事で、あちこちに排泄するリスクはグンと下がるはず。

散らかってはいても、悪臭の問題は抑えられると断言できますので、是非やってみてください。

 

ここで水回りのクリーニングを進めます。

まずはバスルームから。

バスタブに関してはそんなにひどい汚れではありませんでしたので、すぐにピカピカになりました。

 

洗い場は不要物や汚れが溜まっていた為、少々手こずりましたがこの通り。

床の白い部分は光の反射です(念のため)。

 

トイレは床も便器もとても汚れておりましたが、すぐにでも気持ちよくご利用できる状態に回復。

 

 

但し床の一部材質が変色してしまっている個所だけは、落とす事が出来ません。

 

仕上げはキッチンと床ですね。

床を特集洗浄する事で、猫ちゃんのもたらす悪臭も相当緩和されるかと思います。

では次回。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。