ゴミ屋敷から退去したい 不用品処分&片付けin大阪市 その4

スポンサーリンク

 

ゴミ袋を撤去しおそうじをすれば、この通りまるで入居当初(といっても実際知りませんが・・)の姿に戻ります。

「すご~い!!」

ご相談者さまも、驚きと喜びを持って反応されていました。

 

改めて部屋の広さを再確認させられます。

スッキリした空間は、ワンルームといえど一人には十分すぎる程のスペースがあります。

16~18畳くらいですかね? 贅沢な空間です。

ご相談者さまが入居を決めた理由も、この広さが一番だったそう。

皮肉なコトに最後になって、再びそれを認識させられる結果となりましたが、これを今後の大きな教訓に活かして頂ければ・・。

 

そして大詰め、困難を極めた取り置き分の捜索&保管も無事に完了致しました。

こんな感じで指定品の全てを、クローゼットに納めておきました。

 

心配していましたが、小物も何とか見つける事が出来たので、良かった良かった。

 

今回のご相談者さまの様に、汚部屋やゴミ屋敷の状態にしてしまう事で、実際に暮らしてもいない部屋の家賃を払い続けたり、誰にも相談出来ずに悩んでいる方は決して一人二人ではないのです。

その間に生じる支払いは積もると相当な高額になる上、その間独りきりで悩まれる時間の苦しさは簡単には表現出来ないものでしょう。

 

そのお手伝いを仕事とする私共が、お悩み原因を取り除く事で、ご依頼者の明るい表情を取り戻せるのは、何より嬉しい事です。

ご希望に沿う形で進めて参ります。

また状態が本記事まで至っていない場合ならなおさらの事、定期的なクリーニングや小規模な不用品処分なども、お気軽にお問い合わせください。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。