車いす生活のお父さまと孝行息子さん 尼崎市での部屋片付け その2

車いすの導線確保に成功!! 残る必要品は焦らずコツコツ整理を進めて

開け放った窓から光が射し、風が抜け、画像右隣(ココは割愛)のお父様のベッドルームから車いすの導線を邪魔していた障害物が全て撤去され、デイサービスのスタッフさんも問題なく行き来出来る余裕が生まれました。

 

すき間のない程、日用品や不要物、ゴミなどゴチャゴチャに溢れていたキッチンも、大幅減量を断行。

実際のところ、親子2人の食生活に必要なモノを絞って行けば、いかに余計なモノが溢れていた事かと実感されました。

特に父子2人の男性だけの生活でしたら、キッチン関連グッズはシンプルに越したことはないでしょう。

 

日常ゴミから故障した家電製品、部屋に入りきらない不用品の ”処分先送りスペース” となっていましたベランダ。

そのほとんどは処分されたいモノであった為、撤去するとこの様にスッキリ。

 

イメージとしては、2トントラックいっぱいの不要品が、このお宅から消えてなくなるという感じですね。

 

モノに溢れた状態を正常に戻してあげる事で、そこに住まう ”人優先” の空間に変わります。

 

特にマンション等の集合住宅になると、隣近所のご迷惑の問題など、関係性の悪化につながるリスクも高い為に、早めに対処していく事でストレスなく生活ができる住居を確保していく事は大切になります。

それは心身ともに健康を保つ上で、きっと大きな役割を果たすはずですよ。

 

「もう汚部屋の生活はヤダ!!」と思った方は、

お問い合わせ

その思いをトリプルエスへぶつけてみてください

コメントを残す