片付けない母 vs. 捨てたい息子 ゴミ屋敷問題 in 大阪市城東区

スポンサーリンク

 

20年来片づけられず、お宅の中が不要品等で山積みになってしまった方からのご依頼で、大阪市城東区までいってまいりました。

クライアントさんはこちらの息子さんで、就職後別のところで独り暮らしなさっているとの事。

お母さまは旦那さまを随分前に亡くされ現在お独り住まいですが、必要なモノと不要なモノがごちゃ混ぜになり、収集がつかない状況で長年が経過しております。

この状態から脱却する為、なんとか部屋を上手に片づけて欲しいというのが今回のミッションです。

まずは現場を拝見。

 

ご覧の通り玄関から既にうず高くモノが積みあがっております。

玄関B1

 

さらに進むと、中央にあたる部屋は更にひどく、窓の半分程度までゴミをはじめ沢山のモノが・・。

真ん中部屋B1

 

その奥にあたる右手のお部屋は更にボリュームを増し、まさに手のつけられない有様。

息子さんは一気にこれら部屋のゴミ、不要品等の一切合切を捨ててしまってスッキリしたいのですが、

肝心のお母さまは必要なモノもある為、どうしても気乗りしません。

通常の回収業者に頼んでしまうと、それらも構わず捨てられてしまう上、法外な請求をされてしまう事が多いのも実情。

ハードルは非常に高いのですが、なによりご本人が出来る限り納得いく形で進める事が最も理想的です。

右奥部屋B1

 

その為には、それに適した資格やノウハウをベースに、相談者さまのお部屋を片付け、且つその後の生活に配慮したオペレーションが必要になるのです。

ご本人の意思に反し半強制的に進めては、元の生活にリバウンドしたり、うつを生じてしまったり、良い事など一つもございません。

キッチンB1

 

という事で、最初に小一時間程度相談者さまのお話を伺いつつ、そのお悩みの内容を把握し目標を設定します。

そしてあまりにも規模が大きい為、手始めに左奥にあたるこのお部屋から着手。

左奥部屋B1

 

二人三脚で進める事、床が見え始めましたよ。

この状態になると、クライアントさんの表情に明るさが戻り、「なんだかやれそうな気がする」という気分に・・。

左奥部屋B2

 

本日はこのお部屋のみですが、ご覧の通りスッキリと片付きました。

最初のこの自信が大事なんです。

たかが部屋の片付け、されど侮るなかれ!!

左奥部屋A2

 

部屋が散らかった状態では、思考が思うようにまとまらず、集中の持続するのが困難です。

まだまだ課題だらけですが、まずは第一弾、第一歩です。

 

一緒に頑張っていきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。