片付け下手だと部屋が荒れる典型例 大阪市北区の汚部屋対策 その2

複数のスタッフで必要なモノをより分け、確保しながら進める事、約半日。

2tトラック1台分の不用品が出てまいりました。

不用品の内半分はゴミでしたから、それに伴うカビ、害虫などのリスクはひとまず除去出来たという事です。

健康面からみても良い事ですね。

 

モノを避ける為、常に足元を見ながら歩くのではなく、部屋の主がそこで落ち着く事の出来る空間が必要なんです。

 

それらを積み込むと、お部屋はこの通りスッキリ致しました。

主 < モノ

の誤った図式が修正されましたね。

yukaA1

 

ついでに埃や小さなごみも取り除くと風の行き交う空間となりました。

淀んだ空気には全て出て行ってもらいました。

風が外の世界から新鮮な空気を運んできてくれます。

これが当たり前の事が当たり前に出来る室内環境。

yukaA2

 

 

またピンボケで恐縮ですが、黒カビと汚れがびっしりのエアコンも、分解洗浄の結果白さを取り戻しました。

エアコン3

 

フィルターにビッシリ張り付いていたホコリ、カビ、見えない(ダニ等)を全て排除して、クリアーに変身。

空気が冷たくならない点を除いては、正常に動作している様子なので、

あとはガス充填でお使い頂けそうです。

エアコン4

 

まずは病院できちんと治療なされた上で、元気でこの部屋へお帰りください。

トリプルエスへ

お問い合わせ

をする

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。