室内に溢れたモノ 八尾市での部屋片付け その1

スポンサーリンク

 

今回は八尾市某所より、モノが多くなりすぎて部屋が片付かないというご相談。

ベッドや健康器具など大型な不要物をはじめ、相当なボリュームです。

 

お部屋のつくりは3LDKと、本来かなり余裕があるスペースですが、その大半はモノに阻まれ、残念ながら床も半分くらい占領されている状況の為、導線の確保もままならず。

 

まずは大型の粗大不用品から順番に排出していきます。

 

そう細かいモノは後回し(こちらのお部屋は残念ながらアフターもふくめ、全て公開する事ができませんのであしからず)。

 

ベッド、健康器具、オーディオ、ソファ、テーブルX2、パソコンデスク、段ボールの山などなど、大量のモノが出ました。

 

総ボリュームは2tトラック1.5台分となりました。

これで部屋のキャパシティとモノのボリュームの住環境バランスがようやく健康的なレベルにまで回復。

次回はこの環境からコンサルを入れ、更に要・不要の分別を進め、散らかりにくく住みやすい部屋に近付けていきます。

 

クライアントさんも大変な作業でしたが、疲れを感じさせないタフさで粘り強く頑張られました。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。