引越し難民=片付け難民?! 今年は手遅れになるリスクが大きくなりそう

引越ししたくても出来ないワケとは?

amazonのネット注文やら、不在時の再配達など、ドライバーさん泣かせの問題で、クロネコさん絡みのニュースが以前ありましたが、今回はモノだけに留まらない様です。

深刻 見積もり150万円、受注お断り100件超 人手不足、働き方改革影響 識者「繁忙期の分散を」

※毎日新聞ネットニュースより引用

記事に目を通してみると、やはり以前のニュースも影響しているようで、ヤマトや佐川の賃上げ等の環境改善策を打ち出した事により、引っ越し業者のドライバーさん達がそちらへと流れていったのです。

その為に大手企業を含め、全国区レベルで引越し業者はドライバー不足に陥っているのです。

通常は転校・転勤など3月に集中しますよね?

その為、この繁忙期には引っ越し料金がグンと上がります。

業者はいつもより利益が増えるので、注文は取りたいはずなのに、肝心の車を走らせられない。

状況は非常に深刻で、現状でもこのピークを避けて2月や4月半ば過ぎでしか引越し対応できないところが続出しています。

駆け込みで依頼・・・なんてとんでもない話です。

 

最も困るのはやはり「片付けられない人」

仮に引越し業界がそうでああったとしても、片付けや不要品の回収および処分の依頼は、例年と変わらず2月後半戦から増加傾向が続いています。

ここでも3月をピークに4月中旬まで勢いが続くのですが、今年は少し落ち着くかもしれないですね(分からないですが・・)。

だって弊社にご相談される方のほとんどの理由が ”引越ししたいけど、要らないモノも多くてそれ以前の問題” というケースが圧倒的ですから。

これって恐らく玉つき事故の様になっていくかも知れないので、ニュース知った方から早めに色々と手配を進めて行く方が良いかも知れませんよね?!

いずれにしても、僕個人的には

引越しはモノの片付けには最良のタイミング

と考えています。

普段あまり目にしないモノを再認識したり、自身のモノの持ち方に向き合う良い時間となります。

しんどい事には変わりないけど、キチンと行えば必ず環境は改善しますよ。

「もう汚部屋の生活はヤダ!!」と思った方は、

お問い合わせ

その思いをトリプルエスへぶつけてみてください

コメントを残す