綺麗好きも嵩じると・・ 大阪市浪速区での片付け

「急で申し訳ないんですけど、部屋の片付けをお願いしたくて・・・」

とSOSコール。

こういう仕事柄、駆け込みのご相談者様からの要請は日常茶飯事なのですが、先約が入っていたりと已む無くお断りする事が多いのが現実。

当日も別のご依頼があったのですが、「夜遅くても大丈夫なので、お願いします」との事で、急きょ浪速区まで移動致しました。

ワンルームにお住まいの女性。

長期出張の為、1週間程度家を空けていたのですが、生ゴミを袋に入れて、封をせず室内に置き忘れてしまったとの事でした。

虫や汚れが苦手で、怖くて家に入れない為、ブツの撤去とその後の床クリーニングをご所望。

※ご本人より画像掲載はしないでとの為、写真は割愛致します。

 

鍵をお預かりし、早速室内へ入ると・・・。

ナント綺麗なお部屋でしょうか?

無駄なモノもなくシンプルかつお洒落にまとめられていて、ピカピカです。

ご連絡のトーンから、ある程度荒んだ状況を想像し、対応する心づもりをしていたのですが、むしろ肩透かしをくらった感じです。

だって 入居したて? というくらいキレイだったのですから・・・。

 

但しキッチン周りには、確かに開けっ放しの生ゴミ入りのゴミ袋があり、そこから異臭が漂っておりました。

適切に対処し、その後除菌を含めたクリーニングを施し、窓を開放。

空気を入れ替えた後、ご確認頂きました。

 

ご本人曰く、小ハエ一匹でも見つけようものなら、居ても立ってもいられないという事で、友人からは ”潔癖症” と言われていると仰っておりました。

ご自身的には至って普通の感覚なのですが・・・。

ともあれこれで安心して出張疲れを取って頂けます。

一件落着。

トリプルエスへ

お問い合わせ

をする

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。