お盆で帰省・・する前に汚部屋と決別したいの in 大阪市鶴見区

スポンサーリンク

 

「お盆に実家へ帰省する予定なのですが・・」

「さすがに部屋をこの状態にしたままにはしたくなくて・・」

一人暮らしの学生さんからのご相談です。

ストレスなどでやる気が減退して、半年間ほどゴミを溜めてしまったという事だそうです。

早速お邪魔し、まずは玄関を拝見。。。

既に空になっているもの、パンパンに中身の詰まっているいるもの、まちまちですが段ボールが行く手を阻んでおります。

 

ただこんな事くらいで折れる程ヤワなハートじゃないぜ!!

とかわしつつ、更に前進していくのです。

 

玄関からリビング兼ベッドルームへの中間地点には、4~5畳程度のダイニングがあります。

テーブルはご覧の通り、飲食物が溢れて異臭を放っております。

画像には入りきらないものの、床にも同様、様々なモノが散らばっております。

 

そして今回のミッション最大の山場となるボスキャラ的存在、リビング兼ベッドルーム。

ここからは部屋全体に立ち込めた異臭が更に強く放たれております。

犯人はそうコンビニ系の飲食物にペットボトル、そしてデリバリーピザ!!

汚部屋の定番アイテムですね。

この部屋全体が膝丈くらいこの様なモノ達によって埋め尽くされている状況。

 

画像右側のベッドのマットレス、実は傾いています。

見切れてしまっている部分では、コンビニゴミが別の山を形成しており、それがこのマットレスを押し上げて、床に追い落とそうとしているのです。

伝わりにくいかも知れませんが、ベッドにの転んだ場合、右を向いても左を向いてもゴミなのです。

更にこの部屋のゴミからは、小バエが大量発生しており、寝る環境としては危険水域に達しております。

速やかに改善していく必要がありますね。

 

 

・・・という訳で一転、いきなり強引なエンディングを迎える感じになっちゃいますが、真夏の日差しや悪臭にも負けず、コツコツと進めた結果、段ボールで塞がれていた玄関の廊下はキレイに片付きました。

 

ただ今回の大きな反省点。。。

ダイニングのアフター画像、撮影するのを忘れてしまいました。

めっちゃキレイに仕上げたんですが、証拠がない。

ですが信じて頂きたい!!

 

何故ならその部屋をすっ飛ばして、ボスキャラであるリビング兼ベッドルームをこの状態には出来ないからです。

完食されたモノならば、ここまで深刻な状況になる事はないのですが、食べ残しや飲み残しが放置され、カビやダニ、小バエなどを発生させて、異臭天国になってしまうのです。

まして真夏なので、そのサイクルはめちゃ早いんです。

汚染の進んだこの部屋、確実に処理していく事で、ここまで復活させる事が出来ました。

 

床は全面顔を出して、マットレスの歪みも修正されました。

気になるニオイも大幅に改善されましたが、まだまだ衛生面では心配な状態です。

安心しないで床を拭いたり、マットレスのシーツを洗浄したり、衣類を洗濯なさってください。

お盆が終ってからでも結構!!

そうやって心からくつろぐことの出来るお部屋にしていってくださいね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す