何だか胸が息苦しい・・不用品処分で脱汚部屋 守口市での片付け

ずっと以前にお見積りに伺って、そこからしばらくご連絡のなかった案件。

引越しシーズンの真っ最中という事もありますが、日々のご相談や作業に追われ、記憶の彼方に忘れ去られようとしていました。

※お見積りの記録は一定期間取ってありますので、しばらくぶりのご連絡にも対応が出来る準備は整えてあります。

 

この忘れかけた頃のご相談、実はちょくちょくございます。

ご相談者さまや、物件自体に何かしらの特徴があればすぐに思い出せるのですが、平均的なケースだと事務所で資料をほじくらないと分からない事もございます。

今回は前者のタイプでしたので、お電話を頂いた時にピンときました。

「片付けたいけど、決心が固まらない、それでも片付けたい」

と言う事で、結構な時間をかけてキャッチャボールを致しました。

そんなご縁で、正式にコンサル&不用品のご処分というミッションと相成りました。

 

スタッフ2名でお邪魔し、1名は不用品を屋外へ運び出す係、もう一人はコンサルタントとして、ご相談者さまと一緒に片付けを進める係として分業。

この時期はスギ花粉もピークの為、目はシバシバ常に涙目で、鼻は詰まりと鼻水で絶不調。。

2人とも花粉症ですから、この時期はしんどいですね。

 

ただ。

ただただ。

屋外へ不用品を排出する係よりも、圧倒的にコンサルスタッフの方が不調なんです。

排出係も、室内に戻ってきたら調子がより崩れるみたい・・・。

 

涙、鼻水が止まりません。

ちょっとヤバイやつだコレっ!! とおもっていたら、”カビ” でした。

経緯は分かりませんが、カーテンの下半分はカビが生えています。

壁紙にも黒カビの存在。

そしてポリ袋に詰められた大量の衣類にはカビ・ホコリ・目には見えないダニやノミなどの死骸や糞なども付着しているのでしょう。

これまで経験したことが無いほど、両目と鼻が苦しいので、マスクは途中4~5回変えました。

大量の花粉が舞う戸外の方が、圧倒的に呼吸がし易いんです。

 

心配になった為、ご相談者さまにもお話をすると、

「身体は昔から健康だけど、最近胸がどうも苦しい・・」

との事。

 

これカビ吸入による気管支炎の疑いがあります。

ついでに色々調べてみると、カビを吸ってしまう事で発生する病気リスクは、

  1. アレルギー性気管支肺アスペルギルス症
  2. 夏型過敏性肺炎
  3. クリプロコッカス症
  4. 気管支喘息
  5. アレルギー性鼻炎

 

1は咳やタン、喘息に似た症状で呼吸がしんどく感じる為、お医者さんでさえ初期段階では喘息と診断する事もあるそうですが、喘息の薬では治りませんので、アレルギー検査をおすすめします。

 

2の症状は夏、室内での症状。 

咳や熱がひどく苦しく感じるでしょうが、一旦戸外に出るとその症状が止まるのが特徴。 

この様な時は夏風邪ではないので、キチンと調べてもらいましょうね。

 

3の原因の一つにハトの糞が挙げられます。

ベランダに設置したエアコンの室外機周りに、ハトが頻繁に出入りしていたりしたら要注意ですよ。

症状は上の2つと比較して軽いので油断しそうですが、このカビが脳や肺に入ってしまうと、髄膜炎や肺炎の原因となるのです。

 

4の喘息の特徴は激しい咳を伴って、ゼーゼー、ヒューヒューと呼吸が困難になります。

キツイ場合は、横になる事も出来ない程になるので、室内環境の改善が急務です。

 

5はカビが原因のアレルギー性鼻炎。

この急性バージョンが今回2人のスタッフが体験したものでしょうか?

激しい鼻づまりがあり、かつ鼻水がそれこそ滝の様に流れました。

明らかに室内の環境を激しく拒否する反応です。

酷くなると咳が出たりするようです。

 

この様な症状を持つ方は、早い段階でお医者さんへ行くべきです。

キチンと診てもらってくださいね。

 

実はどんなキレイな部屋でもカビの一つや二つくらいは飛んでいます。

食べかけのモノ、生乾きの衣類、閉め切った部屋、敷きっぱなしの布団やベッド等々、原因は様々ですが、カビに対してもアレルギー反応は出ますので、そんな方は真っ先にその原因を排除し、部屋をキレイにするべきです。

 

もっともっと深刻な状態になってからでは遅いですよ!!

感染して病院のお世話になる前に、まずは生活環境の改善第一です。

トリプルエスへ

お問い合わせ

をする

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。