独り住まいの部屋に片付けられない母が転がり込んできた in 生駒市

奈良県生駒市某所のとあるマンションの一室。

1LDKにお住まいの娘さんのお宅に、お母さまが住まわれる事になってしばらくが経ったとの事。

ペットOKの物件の為、小型犬を2匹飼われています。

間取り的に一人で住むには割と贅沢な空間ですが、同居するとなると ”2人とも満足に片付けられる事” が前提になるでしょう。

 

とはいえ、娘さんのモノだけでも正直多めの為、収納に入りきらない部分が一部の床を荒らす程のボリュームがありました。

それに加えて、お母さまは

  • モノを用途別に分けて管理する事が苦手
  • モノを元の位置に戻せない
  • とにかく床がクローゼット代わり

という感じなので、キレイに足の踏み場がない状態に。

 

お邪魔した時には、玄関から段ボールやら、無造作に積み上げられた衣類やらがお出迎え。

そこから一歩部屋に足を踏み入れると、ナマモノ系の悪臭が漂っていました。

原因はキッチン。

娘さん、実は先日旅行先から戻られたばかりで、その間お母さまがお一人で住まわれていたそうなのですが、ゴミが出されておらず室内にゴミ袋に入れたままの状態で放置されていたんです。

そりゅあ匂うはず。。。

 

今回のコンサル、第一希望はキッチンのゴミの分別と撤去、そしてキッチン内の整頓。

散乱しているのは外だけではなく、棚の内側に関してもほぼ満遍なくグチャグチャ。

ここもクリアーしていかないと。。。

前半戦はなんだかんだキッチン周りのミッションにかかりきる事になりましたが、結果この様に片付きました。

ゴミ袋にして5~6袋くらいいきましたかね?

でも画像でお見せできるのは、残念ながらココまで。

不便なだけじゃない 床が見えない部屋の健康被害

ここからはリビング。

母と娘が捨てる捨てないで若干言い争いになるシーンもありつつ、3人で黙々と作業を進めました。

改めてお母さまのモノも多いけど、娘さんのモノも十分多いです。

彼女の希望は床をスッキリさせたいとの事でしたが、物理的に困難な為、段ボールで箱を作りながら一時保管の場所をこさえたりという対応で、見えなかった床の約6割がフリースペースとして使える様になりました。

床には人の髪の毛、犬の毛、埃などが多く、マスクは欠かせません。

案の定娘さんも鼻炎。

元々アレルギー体質なのかも知れませんが、原因の半分以上は住んでいるこの環境。

ダニやノミの温床にもなるし、ペットにとってもよろしくありませんね。

皆さんにいえる事ですが、汚部屋になると窓を閉め切る為、新鮮な空気が入らずに、悪化の一途を辿ります。

当然状況の深刻度にもよるとは思いますが、見られる心配よりも、身体と心の心配を優先してください。

極論見られても死にません、でも閉め切ると病気になり(易くなり)ます!!

 

 

 

トリプルエスへ

お問い合わせ

をする

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。