諦めも肝心? 不得意な部屋片付けを他者に委ねる in 吹田市 その1

「どうしても自分自身で片付ける事が出来なくて・・」

「ほとんど要らないモノばかり何ですけど・・」

「昔はちゃんと片付けられていたんですが・・」

部屋の片付けに関してコンサルをしている過程で、ご相談者さまからはこの様なコメントが出てきます。

 

今回伺ったのは吹田市某所のとあるマンション。

同居していた娘さんも巣立っていかれた為、現在は2DKにお一人で生活されています。

本当なら少し広すぎる程の余裕があって良いくらいの間取りも、荷物・不用品の多さで生活スペースが圧迫されています。

その中には娘さんの置いていかれたモノも多数あり、確認が必要となります為、これらは検討すべきモノとして今回は対象外とします。

 

限られた時間の中で、コンサルと回収の組み合わせですので、まず1部屋をチョイスして集中的に取り掛かります。

この部屋に関しては、ご相談者さまのモノがほとんどであり、最も使用頻度が高いエリアですので、まさに手をつけるべきスペースですね。

 

以前にワンちゃんを飼われていたそうで、そうじもうまく行き届いていない部屋の環境は正直すこぶる悪いです。

今、外の世界ではスギの花粉がピークを過ぎ、ヒノキ花粉のシーズンに移行しようとしているところ。

花粉症であり、ハウスダストのアレルギー反応も持つ僕ですが、室内の方がグンと症状が酷くなるのは、そういう事なのです。

このセンサーはかなり正確と自負してます (^^)/

 

ちなみにご相談者さまもハウスダストに弱いらしく、マスクされつつ、涙が止まらないと仰っています。

もしそうなら、寝起きするこの部屋の環境は地獄です!

床や収納棚など、ホコリやゴミに紛れて、恐らく沢山のノミ・ダニの死骸なども混じっている事でしょう。

不用品を排出し、部屋のスペースを広げるだけではなく、クリーナーをかけて、家具を拭く等、クリーニングもしないといけません。

相談の結果、急きょ簡単なハウスクリーニングも加える事に。

 

排出した不用品の数はちょうど1BOX車1台分程度となり、全ての収納を移動させながら、その奥に隠れた普段の生活では見えないゴミなども含めてクリーニングを進めていきます。

画像では単純にビフォー&アフターの2枚ですが、ご相談者さまもヘトヘトになるくらい一生懸命に取り組まれた結果、キレイに蘇る事となりました。

 

この結果にご満足された為、また後日残るエリアについても改善を進めて行かれたいと仰ってました。

でもまずは本日の疲れを充分に取るべく休息なさってくださいね。

トリプルエスへ

お問い合わせ

をする

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。