両親が私の汚部屋に来る?! 急な片付け&不用品処分 in 都島区

スポンサーリンク

 

「恥ずかしい話ですが、以前は片付いていた部屋がモノが増え、気付いたら手が付けられなくなっちゃいました」

「とある理由から〇日までには、何とか部屋をスッキリさせたいのですが・・・」

という1DKに一人暮らしの女性の方よりご相談を受け、大阪市都島区某所へ移動。

 

”食べかけのコンビニ弁当や、飲みかけのペットボトルなどの飲食物で溢れている様な環境ではないので、悪臭はしません”

と仰ってました。

一方で、

”それ以外は何が何だかもうまとまりが付かなくて・・”

とも。

ご希望のサポート内容は、その部屋、そこに住まわれる方に合った片付け方法をご提案しながら、一緒に作業を進める片付けコンサル。

そして比較的少量の不用品を処分するスマート片付けの組み合わせです。

さっそくお部屋を拝見すると、メインのリビング兼ベッドルームの床には、様々なモノがひっくり返されたようにごちゃごちゃの状態。

※全体のイメージはプライバシー確保上厳しい為、床面のみの画像となります。

そしてこの画像に入りきらないベッドの上には、さらにてんこ盛りのモノ達、2か所あるクローゼットもモノが飛び出して扉が締まらない様になっていました。

 

これまでもご両親からお一人暮らしの娘さんを心配して、何度か訪問されたいとのご連絡があったそうなのですが、その都度お仕事や他の理由を付けては、なんとかやり過ごして来られたそうです。

でも、それもついに手詰まりになって、さすがにこれ以上拒む事が難しくなりました。

そう、年貢の納め時です。

”情けないでしょ~” っと仰いますが、これって一人暮らしの女性が弊社へご相談される理由のあるあるの一つなんです。

 

遅かれ早かれ、手をつけないといけない事ですから、そのタイミングが来たとプラスに捉えましょう。

現に片付いた空間は、その方にとって必ずプラスの効果をもたらすはずですから。

 

モノの問題とは別にとこどどころ、床にへばりついた書類や紙切れの跡が取れずにお困りでしたので、きれいに剥がしておきました。

この状態であれば問題ありませんね。

 

不要なモノ達はキレイに処分し、お仕事関係の書類をはじめ貴重品に関しても、用途に応じて棚割りしていく事で管理もしやすくなりました。

途中経過の画像は割愛致しましたが、ご相談者さまもみるみる片付いていく部屋の状況にテンションが上がり、集中力を切らす事なく作業を継続された結果ですね。

 

これまで閉め切っていた窓も解放し、風と光を存分に入れる事ができます。

ご両親も気兼ねなく呼ぶことが出来る様になったと大変ご満足いただく事が出来ました。

最初にお邪魔した時の表情に比べて、ミッション完了し最後のご挨拶で拝見する表情がはるかに明るくなっているのを確認できるのが、弊社としても一番うれしいポイントです。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。