友人が泊まりにくるけど、部屋が散らかりすぎて・・ その2 京都府大山崎町での部屋片付け

二手に分かれ、一方はバスルームへ。

もう一方はリビングの不用品の山と格闘です。

両方共にカオスな状況ですが、バスルームはほぼ全てを廃棄し、キレイに復活させるのがミッション。

とにかく汚れを除去する前に、余計なゴミや汚物を取り除く作業からです。

 

ここまでだけでも、正直気を抜くと心がやられてしまいそうな環境。

視覚を緩めるというのでしょうか?

凝視しすぎず、心を静め、まずは黙々と目の前の不要物を一つずつ、確実に撤去していくのです。

 

すると汚いなりにバスルームの全貌が見えてきます。

バスルーム途中1

 

うん、負けるな、負けるな!!

アセルナ、アセルナ。

頑張れ、頑張れ・・・。

むしろ少し他の事に雑念を飛ばすくらい、現実逃避させる位が健康的なのかも知れませんね。

 

そして撤去が完了したら、お次は特殊清掃に移ります。

汚れやカビなど、悪臭の元になっているモノを打ち砕いていきましょう。

そしてこことは数段異なるキレイの異次元へと誘いましょう。

お友達に気持ちよく使って頂くため、ただその一点に集中!!

バスルーム途中2

 

 

同時並行作業のもう一方側では、リビングはまさにモノが山積み。

捨てるモノとキープするモノに分別しながら、全体から余計なモノを減量していくというミッションとなります。

あまりの荷物量に、休憩を取ったり、撮影する事すら忘れる程、作業、作業、作業の現場でした。

PA180006price

 

それでも当初伺っていた内容と異なり、ご相談者様の要望で、衣類を中心に多くのモノを残す事となりました。

やはり長年かけてこれまでの状態に育ってしまった汚部屋から、執着心を打ち払い、そのほとんどを手放す事は非常に困難を伴うものなのです。 

とはいえ処分したモノはそれでも2トントラック2.5台分に相当しました。

※ちなみに本当に快適な部屋にするには、少なくともトラック3~3.5台分の処分が必要と思っています。

ただお友達には一緒に眠っていただけるほどのスペースは確保出来ました(こちらは撮影NGの為、割愛させて頂きます)。

 

再びあの地獄絵図、バスルームに話を戻しましょう。

垢なのか、カビなのか、何の汚れかも分からない程、荒れ果てていたこの空間もスッキリ!!

バスルームアフター1

 

床など一部ですが、モノの色が素材に沈着し、変質してしまっておりますが、充分ご満足頂けました。

バスルームアフター2

お友達にも気持ちよく使って頂けると嬉しいです。

 

 

トリプルエスへ

お問い合わせ

をする

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。