引越し直前【水回りの特殊清掃】in 大阪市北区 その1

引越しはしたいのに、部屋が汚れ過ぎているため退去できない(または躊躇してしまう)

引越し業者のドライバー不足問題のしわ寄せがニュースになっています。

つい先日も某朝の情報番組で、ニュースとして流れていました。

もう完全にネット→TVの流れになってしまっていますね。

 

今回のクライアントは、引越し業者が見つからなかった訳じゃありません。

ただ水回りが・・・。

「ユニットバスがえらい状態の為、このまんま出られないのでクリーニングを・・」

との事。

 

装備を整えて、いざ現場へ!!

 

そもそもこの部屋の電球が切れていて、真っ暗な状態だったので、電球交換からのスタートとなりました。

さて、チェック開始~。

黄色っぽい灯りの為、少し伝わりにくいかも知れませんが、天井全体がまんべんなく黄ばんでいる感じ。

とくに排気口付近の汚れが目立っています。

 

続いて洗面部分は、これもほぼ洗浄された事がないんじゃないでしょうか?

全体的に汚れが付着しています。

また汚れではないものの、壁側面の蛇口設置面をはじめ、金属部分が腐食してしまっています。

この部分を元通りにする事は物理的に不可能でしょう。

※衛生的にキレイにする事は可能ですよ。

 

便器の周辺や床にはそこらじゅうに髪の毛が散乱していて、トイレから、バスタブから、洗面器からの跳ねた汚れが付着し、不衛生な状態になっています。

 

気になるのは謎のタオル。

どうしてココにあるのでしょう?!

便座を上げてさらにチェック。

 

汚れの極みです。

ここも長年まともに洗浄された形跡が見当たりませんね。

よ~し!! 気合い入れてクリーニングを進めて行きましょう。

 

・・・と、最後にバスタブを忘れていました。

ここは人間の皮脂汚れが頑固に付着しています。

それに関しては除去可能と思われますが、何やら

鉄製の髪留め?

の名残りでしょうか・・、モノ自体はありませんが、サビが完全にバスタブに跡として残っています。

この錆びはバスタブ自体を変色させている事が濃厚。

そうなるとこれも取れない着色になりそうです。

見解をクライアントにお伝え、事前了解の上でオペレーション開始!!

 

「もう汚部屋の生活はヤダ!!」と思った方は、

お問い合わせ

その思いをトリプルエスへぶつけてみてください

コメントを残す