引越し直前【水回りの特殊清掃】in 大阪市北区 その2

引くぐらい汚れていても、クリーニングすればスグに使いたくなるレベルに復活できる

内側ももらさずキレイにする為、いったん全て取り外しての洗浄となります。

画像で伝わるでしょうか?

排気口に付着していた汚れと黒カビはすべて消え去りました。

ただその周辺にポツポツと黒ずみがのこっている様に見えますね?

これは汚れを取った後の状態で、天井面の塗膜が剥げてしまっていたりするのが理由です。

 

お次は洗面器エリア。

金属部分の腐食や、それが広がってしまった部分はやはり如何ともしがたいのですが、その点を除くエリアには輝きが戻っています。

 

一番の問題点、便器周辺&床部分の汚れについては、100%取り去る事が出来ました。

当然壁面もピカピカなので、同じ電球でも明るさが違ってくるのです。

反射ですっ!!

そうそう余談ですが、クリーニング前のタオルの理由は排水口の詰まりでした。

洗浄中に壁を伝うお湯が流れずに、足元にドンドン溜まっていくのを気付いて、少し慌ててしまいました。

詰まりの原因は髪の毛でした。

床に散乱していた髪の100倍以上のモノがガッツリ蓋になって、何一つ流れない状況を作っていたのです。

これではお風呂もまともに入る事は出来なかったでしょうね。

 

ビジュアル的に最も酷かった便器。

・・・これはもう説明は要りませんね?

 

ピカピカです。

消毒済ですので、超キレイですよ。

 

一方、残念ながらバスタブ。

事前予想どおり、皮脂汚れは全て落ちました。

でもサビ部分。

実際サビ自体は落とせているのですが、その色がバスタブの表面に色素沈着を起こしてしまっているのです。

それでも消したければ、表面を削るしかありません。

※でももし削ると、表面のツヤやコーティングまで取れてしまうのです

 

結果、クライアントにはご満足いただけました。

大家さんにはこのバスタブ部分のみ、事前報告されていたようです、エライっ!!

「もう汚部屋の生活はヤダ!!」と思った方は、

お問い合わせ

その思いをトリプルエスへぶつけてみてください

コメントを残す