うつと「片付けられない女性」と散らかった部屋

スポンサーリンク

 

片付けられないと悩み、ご依頼に至るご相談者様がいらっしゃる一方、メールや電話でコンタクトを取ってこられ音沙汰のなくなる方もいらっしゃいます。

今回はそんな事例の中から。。。

 

部屋が散らかりすぎていて恥ずかしい為、誰にも見られたくない。

片付けたいけど、いざ依頼となると不安で怖い。

等々、躊躇する気持ちとの葛藤を抱え、日々問い合わせやご相談が弊社へ寄せられます。

2~3度のやりとりを経て音信不通となる方、その後数ヶ月以上経過して突然ご依頼される方などケースはまちまちで異なります。

 

中には ”うつ” を併発されている方もいらっしゃいます。

”うつ”に関しては、実は医師でもその見立てが難しく、中には誤診の問題や安易な診断で薬を処方するところもあるのではないかと推察します。

言った者勝ちの部分も否めないので、一部の不心得者によって、さも患っているように簡単に偽装、利用されてしまえる病気でもあります。

その為、心無い中傷の的になったりする事もあって、周囲の理解を得る上で、取り巻く状況は優しいものではありません。

 

突発的に、駆け込み寺の様に、弊社へ依頼されてくる方も中にはいらっしゃいます。

散らかった部屋をスッキリと片付けていくことで、多少なりとも良い方向へ向かうのであればお安い御用です。

またそれで本当に、大幅に改善されるのであれば、弊社にとってもこんなに嬉しい事はありません。

 

ネット上の情報では頭でっかちになりがち。

「ちょっと気分がのらないなぁ・・」

なんてメランコリックなムードになった時でも、いとも簡単に検索できてしまう為、知らず知らず言い訳材料に利用したりする方が周囲に居る場合は要注意ですね。

まずは安易な自己診断を避け、医師の的確な判断とアドバイスを仰ぎましょう。

 

「うつ」に限らず「片付けられない理由」は様々な要因が絡んできますので、単純に特定が出来るものではございません。

しかしながら部屋が片付けない事で心が乱されているなら、お一人で思い詰めないで信頼出来るだれかに打ち明けてみるのも良いと考えます。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。