梅雨に入って花粉症もひと安心?! 今片付けを始めた方がいい人

スポンサーリンク

 

私自身が花粉にも埃にもムズムズと反応してしまうアレルギー体質の為、他人の事をエラそうに言えた義理ではありません。

が、もはや花粉症の代名詞となってしまっているスギやヒノキなどシーズンも過ぎ去って、めちゃめちゃ安心しまくっちゃっている方々・・・多いことでしょう。

でも中には、まだその警戒を解いてはダメな方がいらっしゃるのです。

そうそれは

カビアレルギー!!

カビと言えば湿気、湿気と言えば梅雨ですよ!!

梅雨入りしたとはいえ、何だかお天気ばかりの為、そう感じない日々が続いてはおりますが、それも時間の問題。

ジメジメの季節はもうカウントダウンに入っています。

 

現在、われわれ日本人の約2~3割が花粉症など、何らかのアレルギーを抱えていると言われておりますが、弊社にご依頼くださる方々の(しっかりとした統計は取っておりませんが・・)、約4~5割程度の確率で鼻炎や涙目などを訴えられます。

やはり一般の平均値と比較しても高いと感じてしまいます。

 

アレルギー反応を起こしてしまう原因として、遺伝や食生活などの要因もありますが、それぞれが受け入れきれる抗体量を上回った時点から始まると言われています。

これはコップ(自身)と水(抗体)に例えられる事が多く、当人からすれば ”ある日突然アレルギーが始まった” と感じてしまうんですね。

本当はそこに至るまでの伏線は、色々あったのに気づかなかっただけなんです。

 

カビには善玉と悪玉があって、善玉の代表格としては、ペニシリンがあまりにも有名。

一方、悪玉にはアレルギーで済めばまだしも、さらに深刻な病気に発展したりするリスクを孕んでいます。

ココで挙げていく環境下では、特に過敏性肺炎肺アスペルギルス症といった、呼吸による発熱・咳・呼吸困難などがあります。

小さな赤ちゃんや高齢者など、抵抗力が十分でない人と同居されている場合はなどは、より注意する必要が生じます。

 

梅雨の不快な症状を大幅に和らげる方法

話を本題に戻しましょう。

毎年梅雨時期になると、鼻水やムズムズ、目のかゆみ、涙目、皮膚のかゆみ、あるいはこれらのいずれかの症状に悩まされている方、今年初めてそのような体験をなさる方は ”カビアレルギー” を疑ってください。

 

只でさえカビが発生しやすいこの季節。

  • 気密性の高い近年の住宅環境
  • 汚部屋(とくに水回りが酷い)
  • 長年洗浄していないエアコン

上記の様な環境が揃っていた場合、症状は更に悪化してしまいます。

蒸し蒸し、ジメジメして暑い日なんて、エアコンを稼働させる事になる為、最悪の空気が室内で延々と循環して、住人をさらに苦しめる結果となります。

 

そんな事になってしまう前に、出来れば晴天の内に、

  • 部屋を片付ける
  • エアコン内部をキレイに洗浄する

など対策を講じて、健康的にこのシーズンを乗り切っていきましょう!!

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す