【損失回避】 アナタの片づけたいを妨げる心理 その2

スポンサードリンク

前回の ”授かり効果” に続いて、モノを捨てられなくなるその心理について考えてみましょう。

 

片づけに悩みを抱えるご相談の中には、

”モノを手放す(あるいは捨てる)事に対し、強烈な拒否反応を示す”

クライアント様がいらっしゃいます。

 

■人にとって一番大切なモノは “愛” “金” それとも “モノ” ?!

過去最も極端な例を挙げるならば、その方(仮にAさん)は長年片づける事が出来ず、その状況を見かねた彼氏さんからのコンタクトがきっかけでした。

ご本人は資産家の家に生まれ、経済的には何不自由ない生活をしていましたが、”異常なまでのモノへの執着心” を持つ方でした。

ご自身の物件を3軒も持たれていましたが、どの家も床が見えない程のゴミ屋敷。

扉を開けた瞬間に漂う、なまものの腐敗したニオイが漂います。

 

最も大変なのは、通常の感覚を持つ方であれば、明らかにゴミ(あるいは不要物)といえる様な、

  • 汚れたレジ袋
  • 腐りかけの食べ物
  • グチャグチャにされたままの、新聞の折り込み広告

まで、

ほぼ全てが捨ててはいけないモノ

だったのです。

 

時間をかけても、進む(片付く)のはごく僅か。

最終的には、自身で断念なさる残念な結果となってしまいました。

心から心配してくれた彼氏さんとは、婚約中だったのですが、1年にも及ぶ問いかけにも耳を傾ける事なく、固執した結果、とうとう彼も彼女の元を去ってしまう事となりました。

結果的に彼女が本当に大切にしたかったモノは、守る事が出来たのでしょうか?

 

■彼女が何よりの優先したかったもの:損失回避

損失回避とは、物を失うのをすごく嫌う気持ちを指します。

通常多くの人は、得をしたことより、損をしたことに対して、より感情的に過剰に反応してしまうのです。

 

【問1】

サイコロを振って、奇数が出たら100万円あげるけど、偶数が出たら50万円私にちょうだい」

アナタはどうしますか?

 

【問2】

100%の確率で100万円がもらえる

50%の確率で200万円がもらえる(残りの50%は0円になる)

アナタはどちらを選びますか?

 

多くの方の場合、

一つ目の問いにはNO、二つ目の問いには”100万円”を選ぶ

事になります。

そしてこれが “借金” のケースになると、

 

【問3】

100%の確率で100万円の借金が帳消しになる

50%の確率で借金200万円全額が帳消しになる(残りの50%は無効になる)

多くの方は50%で全借金が帳消しになる方を選ぶのです。

 

なぜなら人は“利益も得たい”と考えますが、それを大きく上回って“損失を避けたい”という気持ちが勝つからと考えられています。

 

 

一説によると、人は得をしたときより、損をしたときのほうが2.5倍、「損した感」が強いそうです。

 

この事は片付けにも応用できる部分があるでしょう。

 

アナタには

 

使わないものを持ち続ける事を優先し、最愛の恋人との将来を棒に振った彼女の気持ちが理解できますか?

 

スポンサードリンク








コメントは受け付けていません。