友達が家に! 床の見えない汚部屋から来客対応に片付け in 都島区

「近日、来客の予定があるのですが、部屋がぐちゃぐちゃで・・・」

「とてもじゃないけど、上がってもらえる状況じゃないんです・・・」

仲良しのご友人がお宅訪問されるそうなのですが、

”約1週間後に迫ったその予定までに、何とか今の汚部屋から来客に耐えうる程度の部屋には改善したい”

というご相談です。

 

相当切羽詰まられている様子が、電話口からも伝わりました。

肝心の画(画像)ですが、今回は全て割愛させて頂くケースとなりますので、ご了承ください。

なるべくリアルな状況を、ディテールに至るまで文章でお伝えしようと思っています。

 

さてさて、お邪魔した大阪市都島区某所の状況ですが、3LDKにお住まいの息子さんとお二人でお住まいのシングルマザーさん。

玄関を開けると、そこから見渡せるキッチンやリビングまで、

チラシ広告、学校の教科書やプリント、飲食系ゴミ、衣類、化粧品

が上から豪快にまき散らしたかの様な、散らかり方でした。

 

ご本人曰く、

  • モノが多い
  • 収納が少ない
  • どの様に収めていけば良いのか分からない

の3重苦という事でした。

 

でも実際はコンサルを続けているその最中にも、会社からの電話が何度かあったり、途中で外出される事もあるという非常に多忙な方で、普段からリビングで寛ぐという時間もあまりないそうなのです。

ソレですね! 一番の原因。

そんな生活サイクルの中、床面に目一杯のゴミやモノが散乱した状態が重なってしまったら、そこから独力で脱出する事は難しいでしょうね。

 

今回は部屋を見渡しながら、

  • 確実なゴミの廃棄
  • 棚やBOXなど収納の組立て、およびその具体的な活用法
  • 使い勝手の悪い部屋、スペースの改善法

などについて進める事で今回のサポートは完了となりました。

 

多忙の為、時間も十分に取れず3時間という限られた中でも強行軍でしたが、道筋はつけられたのではないでしょうか?

まずは1週間後に迫った、ご友人の訪問に備えて、汚部屋を片付けていく事に専念されます。

そしてそれが終れば後日、再び弊社へさらに一歩踏み込んだ改善を進めるべく、改めてご相談されるそうです。

 

待ったなしの状況ですが、あまりに根を詰めすぎて体調を崩されない様、ご注意ください。

 

トリプルエスへ

お問い合わせ

をする

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。