片付け主要プランの概要と料金一覧

ごみ屋敷や汚部屋の片付け、遺品整理や空き家片付けに伴う不用品回収サービスの各種ご案内

大阪の格安不用品回収、片付けサービス料金について
アナタのお悩みにあった不用品回収サービスを選びましょう

相談者さまの抱える問題、その原因やお部屋の現在の状況に応じて、各種サービスをご提供しております。

アナタがご希望されるイメージに最も近いものを、以下プラン内容からお選び頂きご相談ください。

※「どのプランにして良いかわからない・・」という場合も、お気軽にお問い合わせください。

お部屋片付け、不用品回収 目的に応じた3つのサポートプランをご紹介

お部屋、ご自宅の片付けに伴い、異なる環境やその規模など、ご希望、お悩みに応じて、3つの形に分けて専門的にサポート致します。

各サポートの概要や料金システム等につきましては、以下の各プランをクリックの上お進みください。

プランA:コンサル片付け

プロと一緒に自分に合った部屋の片付けを探し、進めたい方の為の専門サポート【コンサル片付け】の概要、料金についてのご案内はコチラ

プランB:スマート片付け

手早く、お手軽にお部屋の片付け 軽1台分のクイック不用品回収サポート【スマート片付け】の概要、料金についてのご案内はコチラ

プランC:MAX片付け

大量の不用品回収で大阪のゴミ屋敷問題の解消を行うトリプルエス

遺品整理からゴミ屋敷や汚部屋の不用品回収などの大規模対応型サポート【MAX片付け】の概要、料金についてのご案内はコチラ

~失敗しないために~ 大阪の片付け・不用品処分業者の選び方

大阪市・東大阪市・寝屋川市・八尾市から探す不用品回収・片付け専門業者
目的に合った片付け・不用品回収業者を探す

一人の手に負えない部屋の状況、アナタはいよいよ専門業者へ依頼する事を決めました。

でも一体どの様に、何を基準にチョイスすれば良いのでしょうか?

「誰にも見せたくない部屋の中。 ましてや赤の他人である見ず知らずの業者をウチに入れるなんて・・」

この様な理由で長期間迷いに迷われ、ご相談者さまの本当に多い事・・。

そこで最低限ここは押さえて頂いた方が肝心というポイントをチェックしてみましょう。

1. サービスの内容や価格が明示されている

基本的にどの片付け業者のサイトを見ても、サービス内容と価格は掲載しているとは思いますが、中には見積もり額と作業後の請求額に大きな開きがあるといった、ひどいケースも。 

料金面ばかりに目が行きがちですが、最低料金(¥○○~)と表示されている場合は確認が必要でしょう。 

よくよく見てみると、限られた条件の下で適用されるもので、実際に依頼に及んだ場合はむしろ割高な設定であったというパターンも。 

また高額すぎる場合は簡単ですが、安すぎる場合には何らかのトリックがあるリスクも。

さらに業者の比較サイトなどもネット上に多く見られますが、自作自演のケースとおぼしきものがほとんどです。 

大手業者などと関連づかせたランキングを自社で制作し、呼び込むというあまり行儀がよろしいとは思えない手法です。

他には、一見全国展開しているように見えるもの、ローカルエリアの下請け業者へ作業させているだけの見積もり代行業者など、サービスに対する基準や合意など、甚だ疑問の残るところです。

2. 実際の作業事例が掲載されている

依頼する側にとって、

今現在生活している部屋が本当にキレイになるのか? 

わたしの悩みが解決されるのか? 

最も気になるところです。 これらはサービス内容や料金とは別の視点で大きな不安をもたらします。 

その不安を少しでも解消する意味でも、片付け事例を掲載していない業者には疑問が付きまといます。

事実に基づき、視覚的に把握できる様配慮している業者の方が、そうでない業者よりも相談者視点に立っていると言えるでしょう。

3. ご相談に対し、正直、誠実に対応する

それぞれ相談者さまの個別にケース対応すべく、根気よく誠実に相談に乗ってくれる業者を選びましょう。 

複数回のメールや電話でのやり取りを嫌がったりしない、良心的対応をする業者を見つけましょう。

以上の点を考慮された上で、あなたに合った業者が見つかり、その出会いを通してお悩みが解決し、快適な環境で過ごされることを願って。

片付け・回収料金体系について

■作業料金 

1立米あたり8,000~円(回収費含む)、回収させて頂くご不用品やゴミは以下3種類に分類されます。

1. 一般ゴミ

(ゴミ袋に入るもの) 8,000円/m3 生ゴミ、衣類、書類、書籍、ビン・缶・プラスティック製品等々、ご家庭内から出る ゴミの全般が対象となります。

2. 粗大ゴミ

(ゴミ袋に入らないもの)15,000円/m3 ①の一般ゴミ以外のタンス、食器棚、テーブル、テレビ台、パソコン、DVDデッキ、 照明器具、ガス器具、ストーブ、自転車、寝具、ソファ、など1辺の長さが30cm を超える商品が対象となります。

3. リサイクル対象商品

テレビ・エアコン・冷凍庫・冷蔵庫・洗濯機・衣類乾燥機、パソコンモニタ等の商品は 自治体などに粗大ゴミとして処理してもらえず、家電製品販売店等で引き取ってもらう 必要がある家電製品となり、回収には予め定められた費用が別途生じます。


■車種による積載量と料金システム

2トントラックとゴミの積載量
不用品の積載量・料金目安は?

一辺の長さが1mⅹ1mⅹ1mの容量となります。

【2tトラック積載時の料金モデル】 全て一般ゴミの場合: 車両費20,000円 + 10立米 80,000円 = 100,000円  → 85,000円

となりますので、粗大ゴミを含めた場合の料金は 10~15万円程度となります。

車種 積載量 料金
軽1BOX 約3立米 ~36,000円
2tトラック 約10立米 85,000円~

参考例としてごみ屋敷や汚部屋の片付けについて、これまでの事例をベースに致しますと、 1ルームに膝丈未満のゴミがある場合、2tトラック1台分程度のボリュームに達する事が濃厚です。

※上記は料金目安となります。 処分対象の全体量により変動致しますが、お見積り(無料)が正式なご請求金額となりますので、 お客様からのお申し出が無い限り、その後の追加料金は一切発生いたしません。

※上記にはリサイクル家電の回収費用を含んでおりません。 有害性・引火性のあるもの(灯油)、事業系の特殊な産業廃棄物などは 取り扱っておりません。

コメントは受け付けていません。