部屋のモノ、配置、収納を見直して片付けたい in 大阪市西区 

通販で買った服と靴の行き場がない部屋を何とかしたい

半年に1度くらいの間隔でご相談に来られるリピーターさん宅にて。

市内で働く20代女性、単身で広めの1LDKにお住まいです。

今までは画像提供NGだった為、一切ブログ掲載はなかったのですが、今回一部許可を頂きました。

 

服・靴が大好きで、通販で購入される事が多く、ついつい増えていってしまいがち。

片付けられないを認識する彼女は整理整頓が不得手で、

  • クローゼットに入りきらなくなった
  • 床が収拾つかなくなった
  • いい加減スッキリしたい

と感じたタイミングで連絡が来ます。

 

せっかく小洒落たインテリアも、床にモノが散乱していたら台無しですからねぇ。

 

こういう感じで解説していくと、全然何も改善していないように思えますが、3歩進んで2歩下がる様なあくまでもマイペースな彼女らしく、ゆっくりではありますが以前よりも良く(片付いて)なってきています。

 

画像はメインのパートから外れて、ハンガーとシンク下のスペースを掲載いたします。

あくまでも余った時間の中、部屋にあるモノを使ってのエクストラ作業としてご覧ください。

 

夜型の生活がベース、あまり料理はされないとの事なので、油やニオイの付いた汚れは少ないのですが、

「ガチャガチャと無造作にモノを突っ込んでみました」

というような内容になっています。

 

画像NGのためご覧いただけませんが、この上のシンクやコンロ周りには、

調理器具

食器

ラップ

調味料

レトルト・インスタント食品

などなど、これ以上のモノが雑然と散乱し収拾付かないので、それも踏まえての片付けになります。

 

 

一つの光明はスチール棚。

これを組み上げる事で衣類関連は随分まとまってくれるようになりました。

※個性的な服もあるので、モザイク処理を施しております

 

とにかくなんでもかんでも種類や用途を無視する形で、モノが干渉しあう環境に区切りをつける事で、一定のまとまりみたいな安定感を築きましょう!!

当然ココは衣類関係のみで縛って行きます。

並行して不用品は排除していきます。

導線的な配置も考えてね。

 

そしてキッチンの棚も彼女の希望を反映しつつ、機能・用途別に仕分けです。

 

既にあるモノを使って分けていくだけでも、まとまりのようなものが出てくるので、その後使いやすさを実感頂けるでしょう。

 

でもホントは便利な棚を購入するとか、作り上げていくと今よりも格段に便利にスッキリとまとめる事が可能なんですけど、ここで時間切れ。

それでもメインエリアの片付けと合わせ、全体的なスッキリ感にご満足頂けたようで何よりです。

 

「もう汚部屋の生活はヤダ!!」と思った方は、

お問い合わせ

その思いをトリプルエスへぶつけてみてください

コメントを残す