部屋が狭いから片付けられない? ワンルームは収納方法の見直しで

スポンサードリンク

片付けようにも住んでる部屋が狭すぎる?!

はじめにまずお断りをしておきたいと思います。

今回はあくまでも、汚部屋やゴミ屋敷の問題を抱える方に焦点が合っているとは言い難い話題かも知れません。

なかなか画期的な機能を持った商品として注目していますが、3月といえば引越しのシーズン。

弊社にも引越しを控え、部屋が片付かないから一緒にお願い~という様なご相談が入ってきております。

ちなみに翌月くらいになると、今度は引越し先からの片付けや、部屋のレイアウトなどのご相談案件がグンと増えたりするのが常です。

そんな引越しを控えた方にとって、今回の記事は何かのヒントになれば良いなぁと思っています。

 

部屋の深刻度によって取り入れ可能、不可能が別れる方法である事を前提にお進みくださいね。

まぁたまにはこんな記事もあるんだ・・という流し読み感覚で・・。

 

学生さんから独身の社会人の方々まで、たしかに単身向けのワンルームや1DKなど、間取りに不満を持つ人は多いでしょう。

家賃に上限がなければ物件なんて選び放題ですが、そんなこと出来る人は限られていますよね?

島国の日本ですから・・国土の問題は大きい・・仕方がない・・。

確かに。

でも部屋を少しでも快適にする為の、工夫は十分ですか?

そんなモノなくても、チャキチャキ自分でされる整理好き、ミニマリストと呼ばれる人達も居ます。

しかしながら、ワタシは片付け下手・・・。 どうしようもないんです・・。

 

収納の為だけに引っ越しますか?

遠い過去になってしまいますが、かくいう僕も一人暮らしをしていました。

転勤など、いろんなエリアで、いろんな部屋で・・。

初めのうちは物件を見る目もなかったから、住んでみるとその狭さに苦労した部屋もありました。

色々工夫してみても、そもそもどうしようもない狭さという部屋は、結局生活スペースを一部犠牲にせざるを得なかったケースもありました。

断捨離という言葉もなかったけど、無駄なモノを減らして、割とスッキリと暮らしていたとは思いますが、

「あともう少し広かったらなぁ・・」

なんて思ったりしたことも・・。

 

  • 今、住んでいる部屋の契約期間がどれだけ残っているか?
  • この先転居しようとも、今くらいのスペースの部屋で住み続けるか?
  • そもそも転居自体の頻度は?
  • 同棲・結婚など同居によって、居住環境を変える必要性は当分ないか?
  • ベッドやハンガーを買い替えるタイミングが迫っているか(そういう気があるか)?

等々を考えて、現状とあまり変わらない(最後の項目以外で)状態が続くのなら、次の収納方法を取り入れる検討をするのもアリかも知れません。

 

ベッドを見直すか? ハンガーを見直すか? 目先を変えて部屋にも変化を

唐突かもしれませんが、狭小部屋の現状を乗り切り、改善する為に、

  • 今の収納方法を見直す、変えて見るという方法
  • 収納とは思っていない家具を活用してみるという方法

があります。

ひとつ目は跳ね上げベッド。

跳ね上げ?! 何のこっちゃ? と思われた方、正解!!

僕も初め何なんだそれ?と思いました。

要はベッドの下が収納になっている、それだけの話なんです。

「だったら引き出しのついたやつとか既にあるじゃん!」

そうなんです、沢山出てますよね?

これも弊社の片付けコンサルサービスをご希望の方のお宅に多いケースの一つとして、

ベッドの引き出しが機能していない

問題があります。

その原因にも、

  1. 部屋が狭く、引き出しを引き出す為のスペースが取れない(部屋、床面の広さの問題)
  2. ぎゅうぎゅうに入れた為に引き出しが開かない(量的詰めすぎ問題)
  3. 重すぎて引き出しが開かない(重量的詰めすぎ問題)
  4. 床に敷いたカーペット、ラグなどが巻き込まれて引き出せない(敷物、床面上のモノ問題)

など幾つかあります。

そしてこれらの問題点を一挙にクリアーしてくれる大きな利点を持つのが跳ね上げベッドなんです。

引き出しなどはなく、普段寝ているマットレスのあの部分が、上や横方向に跳ね上がって、その下のスペースがそっくりそのまんま活用できるという代物です。

何も無理に寝具の照準をココへ合わせる必要は感じませんが、

  • 狭い部屋に住む期間がしばらくある
  • 新しい家具を検討している

などの条件にハマっている方なら、決して悪いアイデアではないでしょう。

 

ふたつ目はハンガー。

通常のハンガーだとだいたい〇着くらい掛けられるのが平均的です。

弊社のご相談者さま宅で、無理やりキチキチに洋服を掛けて、その重量や幅に耐えられなくなったハンガーが崩壊しているケース。

崩壊までいかずとも、どんな洋服がかけてあるのかさえ確認出来ないケースなど、ちょくちょく見かける光景の一つです(笑)。

「分かってるんですけど、場所がないんです・・・・(ご相談者さま)」

そんな問題でも、このハンガーの場合なら部屋の横幅に合わせて選べる上、通常のハンガーラックの約1.5倍の衣類が収納可能です。

例えば横幅90㎝の平均的ハンガーラックなら35~36着程度した吊れないところ、50着以上の収納を実現する計算になります。

4つのサイズからの横幅、1段また上下2段のバリエーションから部屋の状況に合わせてチョイスできるのが良い所ですね。

但し管理上、どんなに優れた収納でも、パンパンに詰め込むのはオススメできませんよ!!

 

跳ね上げベッド&ハンガーをチェック

 

例えばこんな専門的に商品を取り扱っているネットショップ情報を得るものおすすめですよ。

どんどん便利な環境は進んでいるのですね。

 

 

スポンサードリンク








コメントは受け付けていません。