堺市で10年以上手付かずの家の不用品処分と片付け

大阪南部、とある一戸建て。

何とかしなきゃと思いつつ、旦那さまがなくなられて以来、10年以上手付かずの状態で放置された複数の部屋。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA



「これを機に、全体の不要になったモノの処分や整理をしたい」

お任せください。

子供さんも既に大人になられたようで、こちらの学習机も古い教材やノートと共に長期間置き去りにされた雰囲気が漂っています。

 

空気も音もニオイも、時と共に何もかもが止まってしまった様な錯覚に落ちそうな空間です。

ひとつひとつの部屋は10畳ずつくらいでしょうか?

スペース的には余裕のある造りなので、キチンを片付けが完了すれば、絶対生活しやすいお宅になるはずなんです。

 

ただ一見したわかる通り、これは子供用の勉強机。

ただその時のお子様は現在すっかり成人し、10年~15年(もしかすると20年?!)は経過している模様です。

部屋だけがその時の面影を残したまま、まるで変化を拒んでいる様。。。

 

こういう環境は、光や風だけじゃなく、住む人の心にまで影響してしまうものです。

家を同様、窓を開け放ち、解放すべき時が近づいているのではないでしょうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

とにかく一家をあげての一大イベントとなります。

漫画や雑誌は本番の作業に先んじて、一部ご自身で不要分を分けたりなさったそうです。

どこもかしこもスゴイ量。

一体どれだけの不用品が排出されるのでしょうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

2箇所あるキッチンのひとつは既に使用されておらず、天井が一部雨漏りなどを起こし、修理が必要な状態。。

住まわれているものの、実際には長期間ほとんど使われていなかったエリアに関しては、モノの撤去はともかく、見えない床などをはじめとした家のメインテナンスが必要になってきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

リビングは衣類や書籍、あらゆる雑品が床にところ狭しと積み上げられています。

低いところで足のくるぶし、高いところでは膝上くらいのボリューム。

使用されていない部屋の全体が、このようなレベルです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

これはこれまでで最大のボリュームとなる事が必至。

気合十分で作業の望みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。