茨木市にて不要品処分 持ち家を売る前の整理

家が広くなってしまったから、不用品処分で資産整理をはじめましょう

マイホームをお探しの方、一戸建てですか、それともマンションですか?

…なんて不動産屋さんみたいな感じで始まりますが、今回がご自宅の売却を予定されているSさんからのご相談となります。

売却を予定されておられるのは一戸建て。

立派に成長した子供さん達はみな一人立ちして実家を後に、今はSさんお一人の広すぎるお宅。

少子高齢化で今後もこの様なお宅は増えていくのでしょうね。

マンションや戸建てなどの新築物件も相変わらず沢山目にしますが、将来的に移民でも受け入れない限り家自体も余る傾向が強まるのでしょうかねぇ?

話が逸れました・・早速現場へ。

茨木市内での子供部屋の不用品片付けの作業模様

2階建てに全6室のお宅。

Sさんお一人には確かに広すぎますね。

成人した2人のお子様のモノに加え、特に亡くなったご主人のモノはほぼそのままの状態の為、ご自身以外のモノが大量にあるのです。

各部屋からもう使わないもの達が沢山出てきます。  

主がいなくなったお部屋の中に残されたモノ。  

想い出があると言えば、それはそれでキリが無くなってしまいそう。

そこは結局残されたものがラインを引いていかなくちゃ、ね。

不用品の大きなテーブルを解体処分

大小併せると、相当なボリュームになります。

お子様達(といってももういい大人ですが)には、本日不用品整理する事は事前連絡済。

根回しバッチリなんで、頂いた ”これは取っといてリスト” を避けながら不用品を戸外に排出していきます。

茨木市での不用品ベッドの片付けと回収

家族分の不用品ですから・・。

押し入れを片付けていると、お子様の幼い頃のおもちゃも続々と出てきます。

押し入れの中の衣装ケースと不用品の数々を整理

すでにS様による選別は完了しているものの、万一貴重品や想い出の品を捨ててしまわぬ様、注意しながら作業を進めていきます。

見落としてて、後になってがっかりなさっては悲しいですものね。

続きの記事を見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。