その2 セルフチェック

私は片付けられない女?!

「どこから手をつければいいのかわからない・・」
「ストレス、イライラがなくならない・・」
と弊社にご相談に見える方が多く、そしてその悩みがいかに深刻であるという事を日々強く感じております。

「片付けてもすぐに元通りに部屋が散らかってしまう・・」
「恥ずかしくて人に見せられない・・」
そんな疑問や悩みに応えるべく、定義や具体例を挙げながら様々な情報を集め、 その真理に迫ってみましょう。
 

片付けられない人の共通点

前項の記事でADHDについて触れましたが、「もしかしたら私も当てはまるのでは?!」と 感じた方も少なくなかったのではないでしょうか?

少々論理的に乱暴かも知れませんが、 現に書籍やインターネット上で“ADHD”や“片付けられない”という キーワードで関連づけられる情報量は相当数にのぼっている事からも、

グーグルサイトHIT数

ADHD    約57,700,000件
片付けられない 約589,000件

※2016年12月現在

それだけ社会的に注目、問題視されている現象として認知され、実際に悩みを抱える方々が存在するという現実を裏付けていると言えるでしょう。

その中でも疑問や悩みの解決法、情報を提供しているサイト等をそれぞれの切り口・タイプ別に以下ご紹介して参ります。

片付けられない/ADHDに関する情報サイト

<参考記事>

<チェックリスト&調査結果>

<ブログ>

 

あなたは大丈夫?! ADHD 片付けられない度クイック診断

cannotstudy

 

旅行の前の荷作りが苦手だ。

子どもの頃から感受性が強く、感覚が鋭敏だった。

子どもの頃からカバンや机の中がゴチャゴチャだった。

マイペースだとよく言われる。

子どもの頃からよくぶつかったり転んだりした。

気の合う一対一の関係はいいが、大人数での世間話や集団行動は苦手だ。

雑音や電話などで気が散ると、目の前の作業に集中できなくなることが多い。

新しく物を買っても、あまり説明書は読まない。

ちょっとした物でも、簡単に捨てることができない。

何を取りに来たのか、何を言おうとしたのかなどをよく忘れる。

約束の時間に遅れがちだ。

興味のない科目では、授業中に空想したり落書きしたりしていた。

試験はいつも一夜漬けだった。

仕事や作業をしている途中で、ボーッとしてしまうことがある。

私の頭の中のアイデアを実行できたら、相当すごいはず。

学校や職場で、いじめにあったことがある。

一日が終わると、ぐったり疲れていることが多い。

頭の中に霧がかかったような感じがすることが多い。

探し物が多かったり、振り込みなどの期日に遅れやすい。

物事の優先順位をつけるのが得意ではない。

人が話しているときに、つい口を出して、話の腰を折ってしまいがちだ。

興味に一度集中したら、トイレや寝食を忘れることも・・・。

物事の要点を素早くつかめる。

数時間~数日で気分に波がある。

変わっている、個性的だと言われることが多い。

日によって、ささいなことでキレそうになったりする。

過度の残業、浪費、食べ過ぎ、過激な発言などをしてしまい、あとで落ち込む。

転居や転職などで、気分を入れ替えるのが好き。

たとえ自分に不利でも、納得のいかないことはできない。

会議や授業など、長時間くつろいで座っていることが苦手だ。

物事に決まったやり方があって、それを少しでも外れると気に入らない。

他の人たちから、考えすぎ、気にしすぎ、やりすぎと言われる。

人が自分の話の要点を飲み込めないときなど、心の中で爆発しそうになる。

自分流に片づけているところで、人にさわられるとひどく腹が立つ。

会議などで黙っていようと思いながら、つい正論をふりかざしてしまう。

※チェック数が25個以上当てはまる場合はADHDの傾向があると
いわれています。

出典:お片づけセラピー (宝島社文庫)

 

 

片付けられない理由その3

片付けられない理由その1

実際の現場作業ブログはコチラ

ブログ:片づけられない問題を考える

コメントは受け付けていません。