大阪市中央区一人暮らし女子:ゴミ屋敷生活からの脱却を3年も阻んだ ”相談するコト” の高いハードル

片付けられない自覚があるから、人を部屋に入れられない

「本当に手の付けようのないほど散らかしてしまってるんですが・・・」

恐る恐るコチラの様子を伺うような、第一声。

電話をかけるかどうか、迷って迷ってようやくご相談に至ったようです。

そのお部屋は・・・、以下見て頂いた通りの状況・・・。

玄関からこの様な感じですので、ドアを開ける前に靴を脱いで上がるという流れ。

辛うじてベッドのヘッドボード部分が視認できる程度で、平均すると膝丈クラスのモノ&ゴミとなっております。

 

床はすでにゴミとモノで溢れてしまった・・状況は悪化の一途

視点をベッド側からに変えてみました。

やはり部屋の隅々に至るまで、衣類やコンビニの空容器で埋まっています。

「ずっとこれではダメだと思いつつ、もう歯止めも効かなくなってしまった」

という彼女。

一見ごく普通の若い女性。

一日一日のボリュームは決して大した量ではなかったと思います。

問題はそれを少しずつ少しずつ先延ばしにしてきた結果、とんでもない量へと積み上がってしまった事。

 

唯一の光は、何故かウソの様にほとんど空きスペースの押し入れ。

ココを足掛かりにして進めて行きます。

 

帰りたくない部屋、住みたくない部屋・・もうひと部屋借りてしまった・・

自分が生み出した状況に、自身が追いつめられる。

誰かに助けを求めたいけど、恥ずかしい。。。

結果、彼女は別の場所にもう一つの部屋を借りる事に。

この部屋はこのまま退去も出来ず、およそ1年の間、空家賃を支払い続けました。

なんと勿体ない・・・。

その費用があるなら、何回ココをキレイに出来たかと考える人は多いかも知れません。

でもそれは部外者からの視点であって、当事者はそれほど悩んでいたという事実。

 

この依頼はまだ汚部屋がこんなにも市民権(?!)を得る前の話で、僕自身も本当に衝撃を受けた案件でした。

オシャレなインテリア満載で、まるでお店の様にスッキリ片付け!!

という記事を公開しているところは多いので、そういう手法に関してはよそ様に任そう。

 

反面、ゴミ屋敷の片付けや、汚部屋の不用品処分を謳っているのに、状況が良く分からないところが多すぎるので、ココでは出来る限り、同じ悩みで立ち止まっている人に向けて、

”片付けられるから大丈夫だよ!!”

という事例をメッセージと共にみなさんに発信し続けていこうというのが、今も続いているウチのスタイルとなっています。

 

ただ大前提としてこれらの記事は、

ご相談者の共感とご支援&ご協力

ナシでは公開には至れません。

幸いな事に多くの方が、そういうコトなら・・とOKしてくださいます、感謝!!

 

先延ばしも限界点に、ついにSOS要請

さんざん迷ったあげく連絡に至った一つの要因は ”経済的負担” です。

単純にひと月の家賃が6~7万だったら、年間の出費は70~85万円くらいまで膨らんじゃう訳ですから、オタク的趣味を持つ方、ブランド品が好きな方、十分欲しいモノを買える資金になり得ます。

予め聞いておいた ”必要なモノ” を隔離する傍ら、複数のスタッフで部屋全体に広がっていたゴミ・不用品をまとめていきます。

壁際に沿わせて、キレイに積み上げていったら、相当なボリュームになりました。

 

住み始めた頃の空間に湧く安堵・・もう汚部屋生活には戻らない!!

まとめたゴミの山を排出すれば、入居時(僕が見た訳じゃないけど)の景色が広がります。

ジャ~ン!

 

取り置きすべきアイテムリストは、キッチリと聖域であるクローゼット内に整頓完了!!

部屋全体に立ち込めていた嫌な悪臭はどこへやら。

クリーニングも施しているので、ほんのりいい香りすらします。

ジャジャ~ン!!

 

ニオイに加え、ビジュアル的にも大変だったトイレ。

タイル目地の素材が変色してしまった所は仕方ありませんが、汚れは全て除去。

 

胸張って退去手続きなさって下さい。

 

そしてもし今後、

あっ散らかりそう・・・。

という時は、初期の段階でご相談ください。

費用も時間もグググッと節約出来る上、手軽に気持ちいい空間が保たれます。

本記事は過去に一度公開したケースから、印象的で学びになったものをレビュー形式で再び紹介する回となりました。

年末も近いので、【本気で汚部屋生活から抜け出すぞ!】厳選シリーズとしていくつか共有しようと思います・・・こんな感じで・・・。

トリプルエスへ

お問い合わせ

をする

スポンサードリンク

コメントを残す