片付けられないシングルマザー 子供たちの暮らしはどうなるの?

スポンサーリンク

 

昨晩、某地上波にて ”片付けられないシングルマザー” のお宅へ、芸能人が2泊3日の同居生活を通し、父親代わりを務めながら、環境改善に向け力を貸すというもの。

そのお宅には3人の子供が居るけれど、子供部屋にも荷物が満載で、彼らは押入れで眠るという状況・・。
 

母親は ”片付けたい” けど 捨てられない”

しかし第3者が入る事で、その環境にも変化が生じます。

彼女はいわゆるADHD等の片付けられない障害を持つ方なのか、あるいは離婚前後、何らかのストレスでそうなってしまったのか?

コメンテーターは正直に感じる事を語っていたとは思うけど、またその短い共同生活で好転した様子なので、ひとつの効果は見る事はできましたが、

そういう病がある事を知っているのかいないのか・・。

単なる見世物にならない様、加筆してくれれば尚良かったと感じました。

ADDやADHDにしても、まだまだ認知が不十分な為、理解が得られないケースは表面化していないものを加えると相当な件数に上るでしょう。

そしてここで最も不安になるのが、押し入れで眠る子供たちの将来です。

弊社への相談の中でも、

「親が片づけられない為に私まで片付けが苦手になってしまって・・・」

という問題がやはり一定数必ずあるのです。

 

病が原因なのであれば、親御さんには罪はありません。

しかし誤解を恐れず言うならばその子供達には、それこそただのとばっちりです。

何とか、早い段階で適切なサポートを行える体制が必要です。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。