引越ししてから片付かない・・。 兵庫県宝塚市での部屋片付け<モノ屋敷>

正しい引越しは部屋と生活の見直す絶好の機会・・・だけど・・

「でも」や「しかし」。 こういった接続詞があなたの片付けを邪魔している。

じゃいつ片付けるか? 「今でしょ?」

もう使い古され死後化しつつあるこのフレーズですが、片付け問題に関しては、特に当てはまるなぁと感じたので引用させて頂きました。

「転居してから既に2年が過ぎましたが・・・、」

引越後、そのままの状態の本棚
引越後、そのままの状態の本棚

 

それでも部屋が全然片付かないとのご相談を受け、

現場へ急行、兵庫県宝塚市方面へ!!

不用品を処分しつつ、分別を進めていくパターンですが、今回はご依頼人の意向により、ビフォーのみの写真掲載とさせて頂きます。

4部屋の内、ほぼ2部屋は荷物や不用品で塞がっている状況です。

必要なモノ、不要なモノがごちゃまぜの部屋
必要なモノ、不要なモノがごちゃまぜの部屋
 
使われていないテレビやステレオ等の電化製品や、 
家電はスグに型落ちするので、使わないともったいない
家電はスグに型落ちするので、使わないともったいない
 
封さえ切られていないダンボール箱・・。 
引越し前のまま手つかずの段ボール
引越し前のまま手つかずの段ボール
 
お子さんの部屋にも散乱していましたが、 
子供が遊べないほど、散らかった子ども部屋
子供が遊べないほど、散らかった子ども部屋

 

おもちゃが沢山あっても、乗り物を室内で乗り回せるスペースもなければ、走り回ると足にケガをしてしまうリスクもあります。
お子さんの将来を考える上でも、ちゃんとした環境を提供してあげたいですよね。 
見て回るポイントは色々ありますが、程度の差こそあれ、2~3日間の作業でキレイに改善できる事を知って頂きたいと思います。
 

この手の問題を一人で悩んでいても、きっと気分は塞ぐばかりでしょう。

何はともあれ、勇気を出してアクション第一です。

無事廃棄と整理が一服すれば、暮らしを共にする家族の方々とのゆったりした時間が持てます。

これは何物にも代えがたい貴重な事だと痛感される方が多いのも事実。

まずは気軽にご一報ください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。