ゴミ屋敷状態に陥った東淀川区の実家 娘が担う親のモノ生前整理

不用品でいっぱいの押し入れ

実家を遠く離れた九州のとある街で暮らすYさん。

多忙なご自身の仕事の合間を縫って、月に1度は高齢の両親の様子を伺いに帰阪されます。

彼女のご両親、俗にまだらボケとも言われる認知症の症状が少しづつ進行してきていると感じるこの頃。

昔のコトはハッキリしていても、最近のコトとなるとどうにも怪しいのです。

加えてお二人共に足腰が弱かったり、他に持病を抱えていたりで、最近まで少し離れた病院での入院生活を送られておりました。

 

部屋にあふれるモノ

そんなご両親の実家(2階建ての5DK)のお宅にお邪魔すると、

ほぼどの部屋も隙間なく、ビッシリとモノが積み上げられている

状況でした。

各部屋の広さに対して、人が自由に行き来可能なスペースは良くて1/3程度なんじゃないかなぁ…。

 

部屋を埋め尽くすモノ

実はココ、まだ若くして亡くなった娘(妹)さんのお部屋だったのです。

親にとっては面影を残すモノは全て宝物!

でもこの状態では、さすがに一体何がどこにあるのかさえ判りません。

また今となっては妹さんと全く無関係のモノまでもが多数、一緒に積み上げられていたりもしています。

 

家の中の生活と外の世界を分断する不用品のカベ

 

そびえ立つモノの壁

なんでこうなってしまったのか…?

Yさん曰く、それは

母が全くモノを捨てられない人だったから…。

 

この傾向は生前の妹さんにも受け継がれていたため、古いモノが一向にこの家から処分されないまま居座り、結果人が暮らすべきスペースを侵食してきたというのです。

 

でも、それにしてもキレイに並べられている、積み上げられているじゃないか?!

そこに気づいた方、サスガです。

これはどんどん増えるモノに対してお父さまが進めてこられたものです。

 

様々な大きさの段ボールなどに詰められたモノは、崩れる事なくしっかりと高い壁を築いています。

実際にこの部屋に居るとバリケードの様な存在感で、相当の圧迫感を感じます。

手間ヒマをかけて作ったこの鉄壁の城塞に、ある種の ”守られている” という安心感を一部の片付けられない人は覚えます。

 

でも今、この箱の中身を知る人は誰も居ないのです。

開けてみるまで何が入っているのか、だ~れも知らないのです。

 

何のために手放せないのでしょうか?

何のための整理なのでしょうか?

快適な生活空間の為?

 

…矛盾していますね。

 

現在Yさんのご両親は、介護サービス付きの賃貸で生活されており、Yさんが帰阪するタイミングでひと月に1~2度実家へ帰られます。

離れていてもサポートが受けられる為、安心して九州でのお仕事に励めます。

 

今、Yさんの心配は家の中のモノ、この一点です。

どうすれば両親の想い出を処分する事なく、不用品や粗大ゴミや謎の箱の壁達の本当の片付けを進められるか?

今回は足の踏み場もなかった1階リビングを時間をかけて、トラック1.5台分の要らないモノの整理(排出)に成功しました。

※1階の画像はNGの為、2階のイメージ限定公開となります

 

次の機会は親子そろってリビングでくつろげる位の空間に収まっています(依然モノは多いですが…)。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。