介護施設へ入居します 住み慣れた部屋の片付けと不用品処分 in 富田林市 その1

ココは富田林市某所のマンション。

身内の方より一人暮らしの親戚女性が住まいを出払って、この度介護施設へご入居される為に、そこを片付けて欲しいとのご依頼。

充実した押し入れ、ゆったりベランダスペースも確保された3LDKの物件。

旦那さまに先立たれてからは、長らく独り住まいです。

洋服ダンスに収まりきらない衣類の不用品処分 富田林市
所狭しと押し込まれた衣類

 

彼女のモノだけでもいっぱいあるのですが、亡夫の生活品の数々もほぼそのまま残されているので、比較的広いこの空間も埋まってしまうのです。

食卓の上、シンクなど水回りの不要品を格安回収 富田林市
食卓の上も、シンク周りも物が多すぎる・・・

 

食器棚にもビッシリと器が収められていますね。

湯呑み茶碗や陶器類がビッシリ収納された食器棚の処分
食器棚に整然と、でもビッシリと収納された湯呑み茶碗や陶器類

老人ホームへ移り住むための準備

今回、依頼につながったのは、ココにお住まいの方がお歳を召されて、かつての記憶力や判断力に衰えや陰りを感じるシーンが増えてきたコトがきっかけです。

それでもお宅まですぐに駆け付けられる距離ならば、大した問題ではありませんが、遠方となるとやはり心配・・・。

寝具の他に身の回りの物が置かれた和室
最も生活感の残された和室にはベッドが・・

 

何かあってからでは大変という事で、事前にいろいろと介護施設を当たっておられたそうです。

なにぶんお子さんがいらっしゃらない為、ご親戚筋が対応しないと事態は改善致しません。

これは今現在、そして未来にかけて日本国内で抱えるシリアスな問題です。

平均寿命が延びるのは良いけれど、そこに “健康寿命” が伴っていないと本当にハッピーな老後とは言えないかも知れません。

洋服ダンスが回収されて片付いた和室
洋服ダンス二竿を撤去、衣類も室外へ

 

本筋から少し外れてしまいますが、先日 “大恋愛” というドラマが最終回を迎えました。

医師の女性が小説家とドラマチックな恋に落ちるお話なのですが、彼女は若年性アルツハイマーという病気にかかってしまう。

その病気の進行と共に記憶が剥がれ落ちていってしまい、やがて大好きな彼の事だって忘れていってしまうかも・・・。

観てるコチラはまんまと “大号泣”させられてしまいました(笑)。

片付け作業で、一時的にゴミ袋が積みあがるキッチン
不用品の袋が積み上がり、片付け作業が進んでいきます

 

一般的な認知症と違って、文字通り若くして発症してしまう病。

でも考えさせられますね。

食器棚が撤去されたキッチン 
食器棚が撤去されだいぶスッキリしてきました

 

いつ何時、どんなことが身に降りかかるか?

それが良い事なのか、悪い事なのか分からないけれど、覚悟と心の準備は必要なんだと感じました。

不用品処分作業を行った富田林市のマンション 
残るは和室のベッドのみ・・

 

片付けの解説が中途半端になってすみません。

進捗状況は画像を追ってくださいませ。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す