汚部屋生活はもうイヤ! 都島区発 片付け&不用品回収SOS

大阪市都島区某所。。

いつからこんな状況になったか定かじゃない。

ただただゴミや不用品が少しずつ、でも着実に生活スペースを侵食してきた。

部屋を片付けたいのに、もうどこから手をつけていいのかわからない・・。

あちこちにモノが散乱しています。
都島区の汚部屋 キッチン片付け前

 

片付けSOSコールは3LDKに住まわれる30代OLのMさんから。

昔は友人を招いて食事をしたりなさったそうなのですが今やその面影はありません。 

長年この状態を変えたいと思いつつ、ずーっと悩んでおられたそうです。

こんな感じでいろんなモノが散らかってしまうと、掃除機すらまともにかける事ができなくなる。
やがて事態は更に悪い方向へと進んで、汚部屋化へ向かうのが典型的な定番コース!
 
寝室のカーペット上に散乱するゴミと不用品
 
 
仕事に追われる日々で気持ちにもゆとりが持てない・・、生活スペースには様々なモノが侵食し、荒れ果ててしまっています。 
  • テーブルの上に無造作に積まれたモノ
  • テーブル下のすき間を埋める様に、詰め込まれたモノ
  • 端に映りこむ本棚も、パンパンで扉が閉まらない状態
ちなみにこの部屋の扉も、本来の半分程度しか開きません。
※プライバシー上、ブログ掲載に了承頂いたカットのみの採用となっておりますので悪しからず。
ウン、これは 汚部屋認定 ですね。
ピアノも物置の機能しか果たしていませんから..。
ピアノの上が物置きと化した都島区のゴミ屋敷
 
よく注意をしないと分からない細かいゴミなど、気づけばどこもかしこも、足場が奪われてしまう結果に。

裸足で歩くと危険なので、スリッパは必須!

 

本来ならば一人で十分お釣りがくる…いえ、広すぎるくらい。

でも実際はモノが多すぎて、自身で把握できるボリュームは軽く超えてしまっています。

まずは取捨選択する為に必要な情報を収集しないと。。。

本棚もちょっとしたスペースにも不用品が詰められて行き場のない状況

昔は整理出来てたのに、今は片付けられない女

モノで埋め尽くされるようになったワケ、キッカケはなんだろうか…?

捨てられないモノと不要なモノの線引きが必要です。

 

ちなみにMさんが主に寝起きしている部屋は、雑然とはしているものの、

  • 布団スペースあり
  • 裸足OK

の為、ここにご本人も気付かないヒントがありそう…。

ここから探っていきましょうか。

唯一モノの少な目な和室を足掛かりにして始め不用品回収

小物がゴチャゴチャしてますが、床は見えていますね。和室は他と比較して、モノが少なめの片付けがとっかかり安い環境

「昔の様に戻れるのでしょうか?」

都島区のゴミマンション ダイニングの様子

 

問い合わせ時の電話口、メールのやり取りでも、ご相談者さまの不安な気持ちがビシビシ伝わってきました。

元々片付けられていたからこそ、現状の生活から抜け出せずにすっかり自信を失い、ご自身に失望されています。

ここでの生活しんどかったでしょうね・・相当悩まれた事が伺えます。

 

部屋の片付け作業中、何度もこんなやり取りが交わされます。

でもその失くしてしまった自信よりも、”片付けたい”という強い決意と覚悟の大きさもしっかりとキャッチしましたよ!

後は我々がその勇気に応えるのみ・・。

 

続きの記事に進む

一緒に不用品片付け 汚部屋生活からの覚醒 in 都島区
苦手な部屋の不用品選別や片付けも、プロと一緒に進めるコトで起こる変化 ご依頼者と一緒に不用品とキープするものの分別を進め、ひとつひとつ整えていきます。 画像が公開出
2019-11-30 12:30
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。