片付けられない女性の悩み その2  京都市中京区での不要品処分<モノ屋敷>

「片付けなくちゃ」というやましさを感じる日々とのサヨナラ

少し話が横道にそれますが、なぜか弊社には「散らかった部屋の片付け」についてご相談される方が、20代~30代の女性が約9割と集中しています。

初めはこれは単なる偶然なのかな?と思っていましたが、女性の社会進出が進む中で、仕事対する責任や要求が大きくなったりする事と逆に、女性らしく振舞う為の制約など様々な要因があるのでしょうか?

それとも知らなかっただけで、大昔から同様の問題があったのでしょうか?

これは今後の課題として調査して参ります。

 

さて、窓枠やサッシなどにこびりついた汚れは、

ハウスクリーニング後の窓サッシ
クリーニング後の窓サッシ

 

この通りキレイになりました。

シンクもこの通りピカピカ。

シンクの汚れも消えてスッキリ
シンクの汚れも消えてスッキリ

 

物を整理しながら、作業する為の足場を作る為、多くの不用品を選り分け、キレイに梱包または袋詰めした上で、廊下等の共有スペースへと出していきます。

何もない状態になったところで超そうじモード。

これでゆっくり湯船も堪能頂けます。

諦めていたお風呂の汚れを落とすクリーニング
本来の部屋の役割を取り戻すためのクリーニング

 

まとめたゴミをせっせせっせと運び出し、

これだけの不用品が消え、部屋が快適に
これだけの不用品が消え、部屋が快適に

 

車両へ積込みます。

ゴミ屋敷生活から抜ける為の根本的サービス
ゴミ屋敷生活から抜ける為には、根本的な改善が近道

 

最後にリビングのおそうじも完了致しました。

ゴミ屋敷がガラリと変わる片付けサービス
ゴミ屋敷の印象もなくなりました

 

「これで自分の部屋に招待出来る」と大変喜んで頂きました。

・・が、まだ物は多く、捨てるには忍びないと、少しずつ今度はご自分で整理を進められるようです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。