実家がゴミ屋敷・汚部屋は遺伝する?! 片付けられない両親と私のルーツ

ゴミ屋敷は遺伝するかどうか 大阪の不用品回収サービス トリプルエス

 

片付けられないは遺伝するのか?

間違いなく影響は色濃く受けるでしょう

とだけお答えします。

 

「ずっと実家がイヤだった」

実家がゴミ屋敷、そこで生まれて育ってきた人にとって、もちろんその環境は当たり前。

でも成長過程で友達と自由に交流する中、

「なんで他の子達の家はこんなにキレイなんだろう??」

というコトに気づきはじめます。

 

そして思春期にはゴミ屋敷・汚部屋が原因で友達を自宅呼べない…などの苦~い経験が共通項としてなります。

 

不用品の処分や片付けに関するコンサルを希望する相談者の方々の中には、何かしらこのような環境の中で育ってきたという方が少なくありません。

  • 台所には賞味期限をはるかに超えたモノがてんこ盛り
  • 水回りは汚れやカビだらけ
  • 冷蔵庫は電源が入っているのに悪臭が漂う
  • 床にはあらゆるモノがぶちまけられた様な状態
  • 上記の生活環境に一定期間、何の違和感も感じて来なかった

 

汚部屋・ゴミ屋敷生活が当たり前でないコトを知った生活者が思うコト

”毒親”

ひと言でいえば片付くかもも知れない。

実際はある種のネグレクト、高齢による能力の低下・老化、発達障害、トラウマなど原因はケースによって様々。

そうそうご両親の親御さんもまたゴミ屋敷生活者というループパターンもあります。

 

そんな長い生活習慣や癖が自然に抜けるはずもく、大きくなってあれほど憎んだゴミ屋敷も、イザ一人暮らしを始めると同じ状況に…なんてコトに。

 

片付いた家で育った人に比べて、気を緩めてしまうと散らかりやすい傾向は如何ともしがたく。

長年の習慣から脱却するには、やっぱり自身の矯正・努力を必要とするのです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。