部屋の不用品片付け in 大阪市北区  コロナ禍と整理の相性に注目

大阪市北区のお部屋で不用品片付け コロナ自粛のストレス原因を排除

片付ける前の不用品で散らかった大阪市北区タワマンの部屋の状態
ゴミや不用品が片付かない大阪市北区の汚部屋を片付け回収で改善サポート

部屋のコンサル片付けの一件で、大阪市北区某所のタワーマンション一室へ伺っております。

ご依頼者は娘さんのSさん、お母さまと二人暮らしの生活空間です(最近このケース地味に多いような気が..)。

間取りはゆったりとした3LDKで、本来なら充分なスペースが取れるはずなのですが、不用品が溢れそこで暮らす人間が圧迫されてるというヤツですね。

実はこれ以前にお母さまのお部屋を整理片付けしているのですが(そこの工程と画像は割愛)、きっかけはこのコロナ禍のタイミングを逆手に取って、一気に改善を進めたいという思いを抱かれた事にあります。

この点も寝屋川市の片付け別案件と似通っています(そして恐らく片付け整理後の効果だって…)。

寝屋川市での不用品の生前整理 汚部屋から美部屋で生活にハリを!

寝屋川市の不用品整理 片付け記事より抜粋

タンスの中に混じっているお母さまのモノについては、予め確認を済ませておりますのでリビングで待機して頂き、Sさんと二人三脚で作業を進めたのです。

いつもの様に部屋の片付けや、不用品との付き合い方、分別方法等に関する事、全然無関係な事も含め、口も手も動かしつつ進んでいくのですが、ここで必ず出るのがコンサルならではの個人差!

思い切りの良さ、明確な目標、判断力、決断力、体力、精神力、修正力..。

同じ片付けでも依頼者さんご自身の個性、スイッチの入り方で成果に開きが出ます。

スイッチの入ったKさんの勢いは無双!

こちらの手が追いつかない程、次々不用品が出て来るのです。

この機会に家具などの粗大系ゴミも買い替えの為、捨てていく前提だったので、6畳プラスクローゼットのお母さまのお部屋からはあれよあれよの大量処分。

おかげでベッドまでの導線もクリアー、背の高さを意識した家具で圧迫感のない空間ベースが出来ました。

そしてその作業の続編、第二弾となるのが、今回このKさんの自室の片付けなんです。

自分の部屋が持てない、不用品で寝室もプライバシーも確保出来ない

不用品が多すぎてまともに歩けない部屋の片付け回収サポート業者 大阪のトリプルエス
大阪の不用品の山で崩壊寸前の部屋の整理は片付け業者トリプルエスへご相談ください。

部屋数はあるものの機能出来ていなかった環境を変える。

家族それぞれが心地よい自分の空間を持つ、これがどれだけ精神的な安定・安心、楽しい暮らしに必要かという事を皆さんにも知って頂きたい。

自分の部屋なのに、真ん中のすき間をモノに遠慮しながら「ごめんやして、おくれやして、ごめんやっしゃ~」と進む住人って悲しい画ですよね?

ごめんやしておくれやしてごめんやっしゃ~

開始2分40秒後 ユーチューブより引用

こちらも6畳洋間(クローゼット付き)となりますが、部屋の両サイドを家具で挟まれ、その家具の前や残るスペースを埋める様にモノが積みあがった結果、ヒト一人が通れるだけのけもの道に陥ったケースです。

但し前回同様、Kさんは片付けポテンシャルの塊なので、僕の方もフル回転で臨まないと最大効果を発揮出来ませんからね。

4竿ある家具の内、残すのは1竿のみと最初から決められていたようですが、退けようにもその改革を拒む不用品勢力、一大派閥が立ちはだかっております。

これはKさんの、Kさんによる、Kさんのための部屋の主権奪取、片付けという戦いなのです(大袈裟)。

ただ現に、よく6畳間にこれほどのモノが入っていたなぁと思う程、この画像で受ける感覚以上の不用品の山が出ていきます。

使わない、そこにあった事さえ記憶の彼方になっていた不用品の山

これらと思い切り良く離れていく決断をする事で、見る見る部屋の景色が変わってきます。

視界が噓のように広がり、開かずのクローゼットの中だって厳選された服が並ぶ整った部屋に変身しました。

タンスのあった所だけ床の色が違うのはご愛敬(笑)。

お二人の居室のベースが出来た後、今後は共用スペースであるリビングへの挑戦が始まります。

すっかりキレイに片付いた北区タワマンの汚部屋
不用品が片付く汚部屋整理の専門業者トリプルエスへお気軽にご相談ください。

コメントを残す