ゴミ屋敷に友人が来る前に不用品処分で変身 in 寝屋川市

来客で大ピンチ! まずゴミ屋敷の不用品をとっとと始末

来客の予定にも関わらず、廊下から玄関までゴミが散らかった部屋
玄関から廊下まで床が見えない状態から片付けがスタート

「知り合いが遊びに来る前に、何とか急ぎで不用品を片付けて、クリーニングして欲しい・・」

とご相談頂いたTさん宅の寝屋川市某所へ。

諸事情から最初の状態は割愛いたしますが、作業を始めた玄関はこんな感じ。

  • 両親が実家から出て来るから・・・
  • 彼氏(彼女)がウチに来たいと言って、もう断れないから・・・
  • マンション内の防災検査、工事があるから・・・

要は自分とは違う誰かが部屋に上がりこむ事を、何らかの理由で阻み切れなくなった方々から寄せられる類の案件…要はのっぴきならない状態。

その日程が迫り、

“一人でど~してもこの汚部屋(ゴミ屋敷)状態を改善する事は無理

と判断されての駆け込むケースです。

Tさん曰く、お仕事も忙しくやらなくちゃと思いながらも、溜まって行くゴミや不用品に気持ちはどんよりなるばかり、お先真っ暗で途方に暮れておられていたそう。

以下、玄関から廊下へ向け、与えられたミッション、一つずつ着実に進めていく、の図です。

千里の道も一歩から。 汚部屋の不用品も一つ一つ進めるコトが肝心。
まずは足場の確保が肝心、床の邪魔モノを片付けあるのみ

玄関から廊下、更にその奥の居間も、カオスな状態が続いています。

少しずつ足場を築くべく、袋詰めしては玄関にバケツリレーして、奥へと進みます。

布団、衣類をはじめ床一面に広がる不用品
布団や衣類そしてコンビニごみが広がるリビング

最終的にこの日撤去した不用品の量は、ゴミ袋にしてゆうに50袋は超えております。

玄関先から 廊下はすっかり片付きこの様になりました。

足元に不用品が広がっていた廊下が片付けで改善
足元の障害物が撤去され、床面の汚れ問題が残されるのみ

その奥のリビングは、 こんな感じでだいぶスッキリ致しました。

トラックを手配するまでもない位のゴミで収まりそうな片付けにちょうどいい
片付いたリビングの残る頑固な床面の汚れ
不用品片付けで、ようやく部屋の姿を現すも、これでは…。

だけど床の状態は見ての通り、相当ヒドイ。。

クリーニングなしで進めませんよね。

例えゴミや不要品の山が消えても、こう汚くてはとても友人の方に上がってもらえる状態からは程遠い…。

そうそう同時に洗面所もお願いされておりました。

画像ではあまり伝わらないかも知れませんが、

埃まみれ、汚れでくもった鏡の洗面所
鏡麺が汚れでくもり、埃が舞う洗面所

こちらも要クリーニング。

長年そうじもせずに、放置されてきた洗面器
蛇口まわり、洗面器も徹底的にクリーニングが必要な状況

万全を期す為、2日間に工程を分けてのオペレーションです。

続きの記事に進む

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。