地獄の汚れとゴミ屋敷 in 東大阪 特殊清掃で退去するぞ!

退去を控えたゴミ屋敷 並外れた汚れを特殊クリーニング

洗面所越しに見えるゴミ屋敷の汚れきったバスルーム

前回ようやく山の様なゴミ、不用品を無事退治したトリプルエスでしたが、次に立ちはだかるのは更なる強敵でした。

…というワケで、この特殊クリーニングを始める前に、まずは今一度現場のおさらいです。

初回の訪問時にチラリと見えていたお風呂です。

扉の向こうはもう別世界と化しています。

衛生状態は極めて悪い、おどろおどろしいですね。

バスタブもこの通り、カビや垢などの汚れにまみれて絶望的。

シャワーだけでも..って、そんな気すら瞬時に失せてしまう超ヤベー空間です。

これでは一日の疲れを癒すなんて到底かないませんね。

東大阪のゴミ屋敷のバスタブを特殊清掃で洗浄

続いてトイレ。

こちらもバスルームに劣らずヒドイ有りさまです。

入居以来、一度もそうじをされて来なかったなれの果てかも知れません。

長年の強烈な汚れがこびり付いた便器

ホコリや尿などの排泄物など、汚れ方も様々。

こちらもとてもここで用を足したい所とは言えません。

手洗い器の部分まで完全に汚れが固着しているトイレ

そして最後は洗面所。

周りに乗っけられていたシャンプー、リンス、スプレー等々、全て撤去すると、こんな感じになっていた事が分かりました。

ホコリ、水垢、髪の毛と整髪料などが入り混じった汚れが付着しています。

洗浄なしにまともに使用できる状態ではないゴミ屋敷の洗面所

水回りはこんな感じで全滅。

リフレッシュすべき場所がこういう状況になるから、汚部屋になってしまうのか、

はたまたリビングに足の踏み場なく、不要物が積まれていくから水回りがゴミ屋敷になってしまうのか、

その順序は断定出来ませんが、お互いに関係している事だけは確かの様です。

ゴミ、不用品回収後の脱衣所スペース

モノが無くなった分見通しは良くなりました。

あとは徹底的にこの汚れ達と格闘し、勝利する事だけ!!

何故キレイにするのか、そう、そこに汚れがあるから(笑)。

二手に分かれて進めていきます。

これがキレイになるだけで、人は必ず何かしらの

安堵感

を覚えるもの。

そしてそれが快適に生活する環境の大切さを知る事につながり、ひいては

脱・汚部屋生活

を送るキッカケとなるのです。

続きの記事へ進む

前の記事に戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。