大阪のワンルーム汚部屋女子の皆さんと片付けミッション 自虐なのか、遜(へりくだ)りなのか?

不用品回収業者が来たからハードルを上げておこうというアプローチ

片付けが苦手な方専門、大阪の不用品回収業者 トリプルエス

あるある記事が面白いと早くもポツポツ反響を頂いております(単純にウレシイ)。

 

さてこのあるあるは、片付けが苦手なワンルーム住まいの女性相談者が中心のコンサル(プランA)やスマート(プランB)のサービスご利用者に最も多く見られるケースとして紹介させて下さい。

 

メールや電話での事前ご相談で現地へ伺う日程を調整、そして作業当日、ここまでは他の依頼案件と一緒。

 

「ピンポ~ン」

オートロックでマンションの玄関口を経て、ご相談者宅の玄関前で二度目のインターホンを鳴らします。

 

…しばし待ちます。

※足元、恐らく床がモノやごみで塞がっているので、すぐに扉を開けられない為だと予想されます。

 

「ガチャ」

玄関の扉が開きます、が全開ではありません。

※隣近所を警戒しつつ、可愛らしくお顔だけひょっこりはん。

※ケースによっては忍者みたいに隠密行動で声のボリュームも絞って「山・川」みたいな感じでヒソヒソしたりします

 

「すみません、ホントに散らかってて…」

「大丈夫ですよ (^^)」

「今日来られるの分かってて、それで少しでも片付けようと思ってたんですけど、結局ほとんど何も進まなくて…」

「大丈夫ですよっ、その為に伺ってるんでご安心ください😊」

「ほんとに、ほんっとに散らかってるんで、ビックリしないでくださいね…」

 

このラリーめっちゃ多いコト多いコト。

わかっていても微笑ましくて。

幸せなことに過去のご相談者さまを振り返っても、本当に穏やかで良い方が多い。

 

日本人特有の遠慮・謙遜・自虐・羞恥心が高次元でブレンドされたやりとりだとわかってるんですけど、部屋を片付けに、不用品を分別しに、散らかりにくく環境を改善するためにお邪魔していますので、本当に安心して委ねてください。

 

ちなみにこれは彼氏や特定の男性を部屋にあげる時に使う

「部屋散らかってるけど、ビックリしないでね♡」

とは全く異なる活用形となります。

 

では今回はこの辺で解散っ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。