部屋の散らかり方っていうかその感覚の差がエゲツなし

部屋は歩けさえすれば…いいや、ミリ単位のズレも許せない…

大阪の不用品回収、部屋の片付け相談と散らかり度の違い トリプルエス 

まいどど~も、あるあるをゆるゆるとやらせて頂いております、大阪の片付けられない問題対策委員会会長(嘘)トリプルエスの中の人でございます。

はじめにこの記事からご覧になった方、まともな記事は他のカテゴリーへ移動なさってください。

 

本日のお題は “散らかっているレベル差” です。

 

そんなの人によってまちまちじゃん!

 

はい、その通り。

 

違ってて当然ですが、それをサポートする側の人間から言わせて頂くと、開きがスんゴイの。

 

どちらかというと弊社へ駈け込んでこられる方の多くは、モノ屋敷から汚部屋、果てはゴミ屋敷まで、自室や家を片付けられないあまりこじらせちゃった人の比率が高いです。

 

一方レアケースになるんですが、

「えっ、ドコそうじしましょか? 片付けましょか…?」

という案件が混じってきます、それも単発ではなくて数か月~半年に一度くらいお声がかかるというケース。

 

床は見えている。

掃除機もかけるコトは出来るけど、緊急性は感じない。

そんな時は収納に対するご相談者のちょっとしたフラストレーションとかで異なるアプローチを必要としていたり、一人では動かせないモノを一緒に移動させたり(そう模様替え目的)、ハウスクリーニングを事前に追加予告されていたり、時には一緒に何かを買い出しに行ったりという感じです。

 

いつもよりもゆったりとした時の流れ方なので色々お話したり、ご飯をごちそうになりながら…という感じで進んでいきます。

 

ちなみに洗面所やトイレのタオルもいつもキレイに揃えられていて、ヨレ・ズレも見られない。

違う緊張感も感じてるんですよ、コチラも(笑)。

 

正反対に一筋縄ではいかない散らかり方をしている部屋のパターンで、 “騒ぐほどじゃない、大したコトない” 感を出される相談者さまの場合も注意が必要。

メールお問合せフォームに室内の画像を添付できる機能を付けているのは、認識の違いの溝が大きくなり過ぎないよう設けております。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。