奈良市での汚部屋片付け 片付けコーチと共同作業で改善効果 その2

収集癖も一括りに出来ない ゴミ屋敷・汚部屋と呼ばないで

本の壁

部屋全体が書庫と化しております。

とにかく何とか整理したい・・

でもどうすれば良いかわからない・・

予算も限られているので、何とか今後の方向性でも見いだせれば・・・。

との事で今回は奈良市某所へと。

書籍に囲まれた部屋が2部屋。。

壁一面が本、窓以外は本というお部屋です。   

収まりきれない本は床にも積み上げられた状態で、これ重みで抜けてしまうんじゃないかという程のボリューム。

文庫本から芸術関連まで本当に幅広いジャンルで、小さな図書館です。  

低く見積もっても4,000~5,000冊(各棚に表とその奥に本が納められております)・・?

フロアアップ

これだけあれば何かしら興味のある本に出合う事ができるはず・・・そんな悠長な事を言ってても始まりません。

一緒に生活を送るご家族からすれば、溜まったもんじゃありません。

扉を開けるにも、床の上を歩くにも注意が必要で、不満が高まっているようです。

そんな空気を察したご相談者さまの悩みや意向を伺いつつ、分類法を模索してゆき、今後のモデルイメージを提案しながら作業を進めます。

とりあえずこの一日で処分対象となった書籍は、この写真の2倍程度のボリュームとなりました。

本廃棄

恐らく畳4.5畳分ビッシリ埋まるくらいにはなったでしょう。

本日の作業をベースに、今後はお一人で頑張ってみたいとの事で、ご提案した整理方法や考え方については、かなりお喜びの様子でした。

片付けコンサルのサポートは一般の不用品回収業者の提供する、

集めて、車両へ積み込み回収して終わり

というものではありません。

いいえ、むしろご希望がなければ、一切回収致しません。

ただただ

相談者さんと一緒に二人三脚で片付けを進めながら、部屋が片付かない原因の特定、および散らかりにくい環境へする為に改善方法を提案

していくのです。

片付けた分、そのまんまリバウンドしていたら対症療法でしかないですからね。

これからは孤独な作業になるので、楽しみながら続けていかれる事を祈りつつ。

あとひとつひとつ重量もあるので、腰にはお気を付けください。

前の記事に戻る

コメントは受け付けていません。